• RSS1.0
  • RSS
  • Admin
  •                                     <四季折々の山と花の風景>
2014/12/30 (火) 20:41:22

えらく長く感じられたヨモギ尾根からの雲取山と三条の湯

IMGP1914_R.jpg 
雲取山へ登るには奥多摩は鴨沢から行く場合と、もしくは秩父は三峰神社から霧藻ヶ峰を経由して行く場合が大方だと思が、今回はヨモギ尾根を登って、奥後山から奥多摩小屋のある石尾根に出る。そして、雲取山から三条の湯へ下って、長い後山林道を歩いてみることにした。林道歩きは出来れば避けたかったが日帰りともなればしょうがない、我慢して歩くことにする。気持ち的には、あわよくば雲取の山頂から富士山が眺められることを期待して出掛けた。それは、何故か正月が近づくと富士山が眺めたくなり、疎遠になっている雲取山へ出掛けたしだいである。
スポンサーサイト
    ≫ read more
Trackback(-) comment (2) | 山さんぽ
2014/12/27 (土) 22:09:12

南尾根から絶景の社山へ

IMGP755_R.jpg

前回は中禅寺湖側から登った社山だったが、今日は足尾の銅親水公園から南尾根を登り、阿世潟峠から久蔵沢林道を下ってみることにした。雪の具合がどうなのか分からないが、途中で戻ることも視野に入れ、とりあえずワカンも準備する。それと、アイゼンは一応6本爪をザックへしのばせた。行けるところまで行って、駄目だったら引き返すことを念頭に南尾根に取り付く。しかし、取り付いたのはいいが、尾根に乗るまでが、なかなかの急登で四苦八苦するはめになってしまった。リボンも何もない場所から適当に入ったが、取付きポイントを間違えた可能性が大きい。予定では7時頃出発することを考えていたが、草木ダム辺りから道路が凍結していて、薄っすらと路面が白かった。そんな事で、若干遅れて出発したが、何とか山頂までたどり着き、冬の奥日光の山々を眺望することが出来た。南尾根は風が強く、山頂直下では前爪のある12本アイゼンが欲しい状況から、あえて雪深い場所を選びながらやっと山頂へ到達する。
    ≫ read more
Trackback(-) comment (2) | 山さんぽ
2014/12/21 (日) 20:25:16

急変した天候に尻尾を巻いた黒斑山

IMGP1596_R.jpg

昨日は午後から雨が降り、時間を持て余してしまったので、アイゼンのスノープレートを交換した。ホームセンターで購入した物を加工して使用していたが、一回履いただけで割れてしまい、結局はそれなりの専用の物を着けなければ靴底が雪団子になってしまっていた。そんなこともあり、アイゼンの歩行練習がてら黒斑山へ出掛けてみることにした。幾度となく訪れていた黒斑山だが、2年ぶりの再訪である。比較的短時間で浅間山とその外輪山の絶景が眺められる場所なので重宝している山だ。あの浅間山の独特な縞々模様がなんとも言えない絵になる山容だと思う。あの感動をもう一度という感じである。
    ≫ read more
Trackback(-) comment (6) | 山さんぽ
2014/12/13 (土) 04:23:15

酒粕を買いそびれてしまった石仏巡りと四寸道

IMGP1382_R.jpg

最近はどこどこへ行きたいとか、どこどこの山へ登りたいとか、そのへんの意欲がなかなか出てこない。しかし、今週も、気晴らしに近場の山へ運動不足解消の目的で出掛けてみた。歩いたことのあるルートはできるだけ避け、甘酒が飲みたくなったので、帰りに酒粕を買って帰る事を考えていた。今回歩いた場所は越生線の武州唐沢駅を下車してから、ゆうパークおごせ、桂木観音、黒山三滝、大平山の役行者像、傘杉峠、関八州見晴台、四寸道、龍穏寺、最勝寺、そして越生駅までを歩いた。このコースでは役行者像、四寸道、龍穏寺のもみじ、最勝寺の蓮池に関心があり、考えてみれば黒山三滝はまだ一度も見学したことがなかった、という事で立寄ってみることにする。途中、幾つかの石仏が点在しているのでその度に手を合わせ、この一年間怪我もなく無事歩くことが出来たことに感謝した。
    ≫ read more
trackback (0) | comment (0) | 山さんぽ
2014/12/06 (土) 20:05:55

陽だまりハイク@矢平山から高柄山から鶴島御前山

IMGP1290_R.jpg

陽だまりハイクのつもりで今週も電車で出かけてみた。場所は中央線の梁川駅を降りて、寺下峠へ向かい。そこから、矢平山、高柄山、そして、鶴島御前山を経て上野原駅へ下山した。朝はだいぶ冷え込んだが、日中はポカポカ陽気に恵まれる。でも、午後からは冷たい風と共に雪雲が流れ込み、日が陰ってしまった。特急「あずさ」を狙った撮り鉄の方が重い三脚を片手に高柄山の山頂まで来るとはビックリだった。なんでも、189系のグレードアップあずさ色編成車両が立川~松本間を往復するということで、懐かしい色をお目当てに登られたらしい。駅にも三脚を立てた撮り鉄の方が多く見られた日だった。
    ≫ read more
Trackback(-) comment (2) | 山さんぽ
あんぱん