• RSS1.0
  • RSS
  • Admin
  •                                     <四季折々の山と花の風景>
2015/06/28 (日) 22:28:03

梅雨の蒸し暑さを奥多摩の滝巡りで癒やすことに@海沢の三滝から綾滝と天狗滝へ

IMGP8479_R.jpg 
湿度も高く、このむしむしした梅雨空では滝でも眺めて清々しい気分に浸りたい、と言う事で奥多摩の滝めぐりへ出掛けた。コースは車道歩きを避ける為、鳩ノ巣駅を降り立ったら大楢峠を越えて海沢園地へ入った。そして、清涼感を探し求めて滝の流れ落ちる姿を見つめつつ大岳山へ。下山は馬頭刈尾根から綾滝と天狗滝に立ち寄って千足バス停へと歩いた。昨日の雨上がりから展望の良い山でもと考えていたが、湧き上がる雲の速さは予想できない。それに、二週間ぶりの山歩きとなってしまい、今日は電車バスを使ってのんびりと過ごすことにした。
スポンサーサイト
    ≫ read more
Trackback(-) comment (5) | 山さんぽ
2015/06/21 (日) 20:15:01

季節を感じてあじさい寺(能護寺)を訪ねてみた

IMGP8420_R.jpg 
今週の山は休んでしまった。目ぼしい山は考えていたが、やはりこの梅雨空では気持ちが下がってしまい、たまには家でのんびりと過ごすことにした。そこで、あじさい寺(能護寺)へ行ってみることにする。わざわざ入山料を払わなくても紫陽花ならどこにでも咲いているが、ドライブがてらという事で出掛けたしだいである。そのついでに国宝に指定された聖天山にも立寄ってみたいと思う。そして、今日は父の日ということで色々と算段があるので早々に切り上げてしまうつもりだ。
    ≫ read more
Trackback(-) comment (4) | 街角さんぽ
2015/06/14 (日) 23:18:35

梅雨の晴れ間を狙って残雪の火打山へと出掛けてみたが…(二日目)

 IMGP8129_R.jpg

翌日の朝は午前2時50分に目が覚めた。疲れていたのか良く眠ったという感じがした。山小屋は意外と宿泊客が多く、気がつけば隣にも登山者が寝ていた。そんな二日目の朝を迎えて早速食堂へ降り立つ。ヘッドランプを頼りに軽めの朝食を取った。ここは自炊設備が充実しているので何不自由なく調理ができる。まだ外は暗く4時にもなれば白みはじめるだろう。山頂からのご来光は無理だとしても、もう一度火打山へ登って下山したいところだ。
    ≫ read more
Trackback(-) comment (0) | 山さんぽ
2015/06/13 (土) 23:30:39

梅雨の晴れ間を狙って残雪の火打山へと出掛けてみたが…(一日目)

 IMGP7817_R.jpg

妙高群の最高峰火打山は妙高山と焼山の中間に位置し、多雪地帯と知られるこの山群にあって、初冬から初夏近くまで白いピラミッダルな山容を見せてくれる。日本百名山の深田久弥はこの白銀に輝くその姿を『こんなに一点の黒もなく真白になる山は、私の知る限り加賀の白山と火打以外にない』と紹介している。(ガイドブックから引用)
    ≫ read more
Trackback(-) comment (2) | 山さんぽ
2015/06/07 (日) 23:39:09

千手ヶ浜の九輪草と戦場ヶ原のワタスゲ

IMGP7601_R.jpg 
今週の山歩きは休みにした。理由は天候だった。夕方には晴れてくるという予報だったが、目的の山は雷注意報も出ていたので断念する。そこで、今日は普段やっていない家の用事を片付けてしまおうという事で、愛車の洗車の次に網戸を洗い、そしてよしずを窓枠にくくり付け、庭掃除に草取り、その次は買い物に今まで出ていたストーブをしまい、扇風機を出してエアコンのフィルターも掃除するという忙しさだった。これで夏を迎える準備ができて、あとはゴーヤが緑のカーテンを作ってくれるのを待てばいいだけだ。そして翌日は家内が葉っぱだけの九輪草の鉢を頂いて来たので、その花が見たいという要望に奥日光へ出掛けたしだいである。
    ≫ read more
Trackback(-) comment (4) | 花さんぽ
あんぱん