• RSS1.0
  • RSS
  • Admin
  •                                     四季折々の山と花の風景
2015/12/30 (水) 22:49:37

高校山岳部の地図読みをなぞって天宮尾根から品刕と文殊峠、そして般若山を経て大日峠へ

R0000159_R_20151230223404c51.jpg 
地元のある高校生達が地図読み訓練の為に、毎年冬になると歩いている天宮尾根から品刕を抜けて文殊峠へ。そして、釜の沢五峰の山道から尾根通しに般若山へ行き、札所32番法性寺から巡礼道の大日峠を越えて小鹿野町へ下山している。そんな事で、すっかり木々の葉っぱが落ち切ったこの季節に、高校生のみなさんと同じコースを歩いてみたいと考えていた。家の大掃除も終わり、のんびりと歩きたいところだが、日が暮れるのも早く、距離的にも時間が読めないので立ち止まっている余裕はないだろう。それに、尾根を読み間違えてしまったら時間が益々無くなってしまい、日没で行動不能となってしまう。ここは休憩せず、焦らず、しっかりと進む方向を確認しながら歩きたいところだ。この辺りは標高が五六百メートルと低いが、小さな尾根が迷路のように入り組んでいるので注意したい。埼玉県警の山岳救助隊ニュースによればここ一二年で道迷いが三件も発生している。それも、 品刕と釜の沢五峰周辺で発生し、いずれも無事に救出されたが原因は三件とも道迷いだ。それ以上に注意したいのが、捻挫とか骨折とかで行動不能になってしまう事だ。正月だからと言って浮かれた気分ではいられない。しかし、ゴルフ場も里の集落も近いので地図読みの練習場所としてはいいかもしれない。
スポンサーサイト
    ≫ read more
Trackback(-) comment (4) | 山さんぽ
2015/12/26 (土) 22:07:31

ときがわの超マイナーな低山と里に根を張る巨樹巨木達

R0000003_R.jpg 
ときがわ町は約7割を山林が占め、古くから「木のくに」として、森や木々を大切に守り育ててきたという。そこで、今日は今だからこそ身近な奥武蔵のまだ見ぬ風景を一目見たいというところで、巨木めぐりをしてみたいと思う。まだ腰に不安が残るので、ひとつひとつ自信をつけたいと思い、距離とスピードは無視して、どれほど長い時間を自分のペースで歩けるのかという課題にした。歩くコースは都幾川町の椚平から向尾根のヤマザクラを見学しながら、飯盛峠へ上がって、檥峠から日向根へ下り、新柵山から萩日吉神社の児持杉へ。そして、大カヤと日枝神社の巨木を見ながら上谷の大クスへ立ち寄って、越生梅林を経由して越生駅まで歩くつもりでいる。アプローチは越生駅からバスで、せせらぎセンターまで行き、そこで乗り換えて椚平へ行く必要であるが、乗車する人は少なく、終始、私一人だった。
    ≫ read more
Trackback(-) comment (0) | 山さんぽ
2015/12/23 (水) 20:30:56

秩父の里山歩き@前原山と破風山と天狗山と小峰山

IMGP5126_R.jpg 
毎日整骨院へ通っているが、相変わらず腰の痛みは消えない。しかし、徐々にではあるが痛みがしだいに和らいできたという感じがする。そこで、今日は観光協会が皆野アルプスだというキャッチフレーズの破風山周辺を歩いてみる事にした。最近は低山でも公共機関を使う事で日帰りの山旅の楽しさが味わえることを再認識した。見知らぬ方との出会いや、その地域の暮らしや歴史にも興味深いところだ。前回は歩行時間の可能性を試みたリハビリ山行だったが、今回はそれに負荷をかけて短時間で歩ける里山を選んだつもりである。まだまだ調子が上がらない状態だが、水、食料等を含めたフル装備で出掛けた。勿論、緊急時には携帯電話が使える場所で、山頂からも展望がそこそこあって、踏み跡の薄い静かな尾根歩きも楽しみたいという欲張ったコースを考えた。
    ≫ read more
Trackback(-) comment (0) | 山さんぽ
2015/12/18 (金) 23:42:52

奥武蔵の一本杉峠から桂木観音でリハビリをはじめてみたが…

R0000790_R.jpg 
今月の3日からぎっくり腰で自宅療養を余儀なくされていた。こんなことは今までに一度も経験がなかったので直ぐに治るだろうと考えていたが、痛みがしだいに増してきて歩くことも出来なくなってしまう。レントゲンでも骨には異常はなく、湿布を腰の前に横に後ろに貼る日々を送る。療養中はただひたすら横になるだけで、テレビが唯一の楽しみ。寝る事、食べる事、テレビの前に横になる事の毎日だった。そんな生活も先週あたりから徐々に改善され、今日は久し振りに歩いてみることにした。どこまで歩けるのか不安はあるが、携帯電話が繋がることを条件に最低限度の装備で出掛けた。
    ≫ read more
Trackback(-) comment (2) | 山さんぽ
あんぱん