• RSS1.0
  • RSS
  • Admin
  •                                     <四季折々の山と花の風景>
2016/04/30 (土) 21:54:42

GWはアヤメ平から尾瀬の様子見と白尾山までと思ったが

R0000263_R.jpg 
北海道では吹雪いて荒れた天気になっているらしい。関東でも昨日は冷たい風が吹き荒れていた。この時期になるとトマトやナスやキュウリといった夏野菜を植えているが、同時に草むしりもしなければならない。GWがはじまり、普段いけない山へ行きたい気持ちはあるが、なかなかそう上手くはいかないものだ。そこで、日帰りでちょっと遠出して気になる尾瀬へ行ってみることにした。例年ならGWの尾瀬は残雪で閉ざされているが、今年は雪がとても少ないのだという。至仏山では既に山ノ鼻へは下れない様子だ。尾瀬ヶ原でも木道が出ているという。それに水芭蕉までもが咲きはじめたらしい。景鶴山へも藪が出てしまって危ぶまれるところだ。
スポンサーサイト
    ≫ read more
Trackback(-) comment (4) | 山さんぽ
2016/04/23 (土) 22:12:25

夜叉の瓔珞と南小太郎山

R0000110_R_20160424051705902.jpg

南牧村ではヒトツバナ、神流町では瓔珞と呼ばれるているアカヤシオを夜叉山と南小太郎山に訪ねた。数年前に林道を走って、瓔珞橋を確認した事がある。その時の記憶をたどりながら登山口となる場所へ向かう。天気は正丸峠を越えると雨模様に変り、志賀坂峠を越えてもそれは同じだった。久しぶりの西上州だが、アカヤシオは既に終盤であろうと感じられる山の若葉を眺めながら車を走らせる。夜叉山のアカヤシオは先週辺りが見頃だった様子だが、第三展望台に行けばそれなりに咲いていた。引き続き第四展望台へ行ったが、ガスっていたのでやめてしまう。次は第五展望台へ行こうとしたが、途中で山道が消えてしまい、悩んだ末に支尾根を上がった。その支尾根もすんなりとは登らせてもらえない。途中で岩場に突き当り、巻きながらより上を目指す。そんな事でアヤカシオを目的に訪ねたが、途中から不明瞭な山域に入ってしまい持倉越からの周回とならなかった。
    ≫ read more
Trackback(-) comment (0) | 山さんぽ
2016/04/16 (土) 22:07:16

山笑ふ峠越えの秋山二十六夜山

R0000124_R_2016041704122381f.jpg 
前々から気になっていた秋山二十六夜山へ若葉が芽吹き始めた頃合いを見計らって出掛ける。今回は迷った。車で出掛けるにしても短時間で下山になってしまう。バスを利用するのもいいが登山口へ着くのが遅い。結局、残った案は梁川駅から立野峠を越えて行くことだった。それに、浜沢の大ケヤキもせっかくなので見てみたいという事で往路は決定する。一方、復路は棚入ノ山を回って雛鶴峠から高畑山を経て鳥沢駅へ下山する案も考えたが、これでは日が暮れてしまうし体力がそれほど持たない。最終的には無理のない寺下峠へ登り返して、時間があれば矢平山を越えて新大地峠から四方津駅へ下山する。もし時間に余裕がなければ再び梁川駅へ戻るという計画にした。桜も咲き終わり、若葉が芽吹き始めた季節感を秋山二十六夜山で探してみたいと思う。
    ≫ read more
Trackback(-) comment (0) | 花さんぽ
2016/04/10 (日) 22:24:40

お花見の休日@鎌北湖・慈光寺・霜里分校

IMGP0130_R.jpg 
桜がまだ咲いているであろうと思われる鎌北湖と慈光寺、それに霜里分校へ足を運んだ。日曜日とあって、どこも家族連れでお花見を楽しんでいる様子だ。また慈光寺では高校生達の演奏に耳を傾けたり、花火が打ち上げられて出店も出て御開帳ということでお祭り騒ぎだった。そこへ行くと霜里分校は訪れる人も少なく映画の撮影中であった為か、静かな山間の小さな分校という雰囲気が良かった。
    ≫ read more
Trackback(-) comment (0) | 花さんぽ
2016/04/09 (土) 22:44:21

花を愛でながら蕨山から鳥首峠から日向尾根を下って秩父さくら湖へ

R0000140_R_20160410045809ba9.jpg 
今日はアカヤシオとイワウチワ、それにカタクリの花を目当てに歩いてみる事にした。まずはバスで名郷へ。そこから蕨山とヤシンタイの頭とショウジクボノ頭を経て鳥首峠へ下り、大持山から小持山へ。そして、高ワラビ尾根から日向尾根を下り、秩父さくら湖の桜を眺めながら秩父線は浦山口駅へ出る計画だ。もし時間がなければエスケープルートとして大持山西尾根を下って、大日堂のおばあちゃんに会ってぬくもり号で帰ることも考えている。内容的には去年と同じようなコースを歩くが、足元に咲くイワウチワとカタクリの花が残像として残っていた。しかし、アカヤシオは春先の雪にやられてしまったのか、不作の年だったと記憶している。また、秩父さくら湖畔に咲く桜も丁度見頃になっている頃だろうと思うので日向尾根を使い、直接大谷へ下山した。
    ≫ read more
Trackback(-) comment (0) | 花さんぽ
2016/04/02 (土) 22:06:11

金勝山から花桃の郷と花山のアカヤシオ

R0000139_R.jpg 
桜が満開となり、里に咲く春の花を楽しみに出掛けた。今日は東武東上線は東武竹沢駅から歩いた。せっかくなので、金勝山に寄って官ノ倉山を目指すことにする。そこから尾根通しに臼入山まで行き、三群境を経て落合に下った。そして、花桃の郷へ入る前に虎山の千本桜に立ち寄る。花桃の郷から登谷山へ登り、釜伏山から花山を経て風のみち遊歩道を歩き、秩父線は波久礼駅へ出た。このコースを歩いて感じた事は思っていた以上に季節が進んでいることだった。午後になると霧雨が降り、肌寒い生憎の空模様だったが、雨具も使わずに過ごすことができ幸運だった。一番驚いたのは風布の花山でアカヤシオが満開に咲いていたことである。規模は小さいが、一瞬目を疑ってしまう程であった。いずれにしても日々の通勤だけでは味わえない季節感を感じることが出来た一日だった。
    ≫ read more
Trackback(-) comment (2) | 花さんぽ
あんぱん