• RSS1.0
  • RSS
  • Admin
  •                                     四季折々の山と花の風景
2016/05/28 (土) 22:22:54

ハクサンイチゲとシャクナゲが咲く平標山・仙ノ倉山

R0000166_R_2016052905291108f.jpg 
ハクサンイチゲとシャクナゲを目的に平標山と仙ノ倉山へ出掛けてみた。時間があれば大源太山も周回しようと考えていたのだが、結局、疲れてしまって毎度のコースになってしまう。車は火打峠のトンネル脇に駐車した。平標登山口バス停前、三国小学校前となる。有料駐車場もあるのだが、登山口まで歩いても5分も掛からない場所なので、いつもお得に利用させて頂いている。白毛門駐車場から谷川岳越えも考えてみたが、自分の体力の身の丈に見合ったいつものコースに落ち着いた。平標山では夏の花が咲きはじめ、ハクサンイチゲとシャクナゲが見頃を迎えていた。鞍部のハクサンコザクラも咲き出していたが、見頃になるにはまだこれからと言ったところだろう。









R0000009_R_20160529052735736.jpg 
登山口を登ると、まずはタニウツギが目に入る。

続いて、アカモノが出てきた。









R0000016_R_20160529052734ade.jpg 
気になるお天気は五月晴れとはいかないが、天気予報によれば午後から晴れ間が覗くという。

それでも南を遠望すれば山並みの中に富士山を望むことが出来た。









R0000023_R_20160529052735410.jpg 
しばらく進むとイワカガミが足下を飾る。

シラネアオイとツツジは既に盛りは過ぎてしまっていた。









R0000035_R_20160529052740845.jpg 
そして、今日の目的の花、ハクサンイチゲに出合う。









R0000042_R_201605290527421c7.jpg 
階段を登りはじめると直ぐ左に群生地があるのだが、そこは満開だった。

ロープが張られ立入禁止となっている場所だ。

こちらのハクサンイチゲは山道脇に咲いているので、手に取るような位置に咲いている。









R0000043_R_20160529052819966.jpg 
群生地でも立入禁止の中に踏み跡があったが、写真を撮る方にはここまで我慢して登って頂きたいところだ。









R0000085_R_201605290528278e7.jpg 
そして、平標山から仙ノ倉山へ向かう。









R0000095_R_20160529052829efb.jpg 
鞍部の高山植物が咲き出す草原にもハクサンイチゲが咲き出し

もうしばらくするとハクサンコザクラとの共演が楽しめそうだ。









R0000097_R_20160529052831dd9.jpg 
ミヤマキンバイとハクサンコザクラの花数は少なく、まだまだこれからと言ったところだろう。

ここには花園を眺めながらゆっくりと休憩出来る大きなベンチがあるので

花の咲く時季には平標山の山頂よりもこちらで休憩したい。

勿論、今日はここでパンケーキにコーヒーで至福の時間を過ごした。









R0000114_R_20160529052825bea.jpg 
さて、ここから先はシャクナゲロードのはじまりだ。









R0000124_R_201605290529004dd.jpg 
シャクナゲと言えば十文字小屋を思い出す。

奥秩父の山々もシャクナゲが見頃を迎えているらしい。









R0000142_R_20160529052906033.jpg 
ミネザクラも満開となり、至る所に咲いていた。









R0000143_R_20160529052909750.jpg 
今年は雪渓も小さいようだ。

谷川連峰にも大きな残雪の風景が見られない。









R0000166_R_2016052905291108f.jpg 
仙ノ倉山頂から縦走路を見下ろせばシャクナゲが咲いていたので

その先まで行ってみる。









R0000171_R.jpg 
そして、谷川連峰とシャクナゲの咲く縦走路を見入る。









R0000178_R_20160529052943e38.jpg 
お天気もそれなりに明るくなってきたようだ。

汗ばんだ体に風がとても爽やかに感じる。









R0000183_R_201605290529484c5.jpg 
今日は学生の登山者がとても多い。

みなさん、新潟の高校生らしい。

生徒7~8名に引率の先生が加わって1グループを作っている。

県内のそれぞれの高校の山岳部がここに来ているようだ。









R0000186_R.jpg 
仙ノ倉山頂から肩まで下ってきたが、谷川岳へ続く縦走路を眺めて

ここで戻ることにした。









R0000196_R.jpg 
そう言えば、高校生達は列を作って歩いているのだが

時々、立ち止まって地形図を確認していた。









R0000203_R.jpg 
その生徒達を引率している先生にお話を伺ったところ

来週、山岳部の県大会がここで開催されるという。

今日はその下見を兼ねて前泊でやって来たらしい。









R0000209_R_2016052905301923b.jpg 
女子高生もいたりして、生徒達とすれ違う度に

「こんにちは」と礼儀正しく挨拶をされ

お揃いのユニホームに大きなザック姿が頼もしく映った。









R0000227_R_20160529053022815.jpg 
今日は白毛門でもいいかなと思っていたが、ハクサンイチゲを見たさに平標山となった。









R0000238_R_201605290530258e4.jpg 
小屋へ下る途中のベンチで昼食にし

食べながら地図を広げて大源太山を周回する為のコースタイムを確認した。

しかし、確認しただけで体力はそれほど残っていなかったので

あっさり諦めて、小屋の冷たい水を飲んで下山する。




スポンサーサイト
Trackback(-) comment (4) | 花さんぽ
comment
石楠花色♪
トムラウシ #-
あんぱんさん、こんばんわ♪

石楠花ロード!!素晴らしい。
はくさんいちげも女子高生も(*^-^*)沢山お会いできて良かったですね。
美しい稜線の写真に私も出掛けてみたくなりました。

こちらは一昨日、トガクシショウマにお会いできました♪
昨日は湯の花温泉から田代山ー帝釈山を初めて歩く事が出来て感激しました♪
今週中にブログにアップ致しますので是非お立ち寄り下さい。宜しくお願い致します。
(*^-^*)
2016/05/30(月) 01:57:16 | URL | edit
トムラウシさんへ
あんぱん #-
おはようございます。トムラウシさん。
尾瀬、お疲れ様でした。確か、夜行バスで温泉小屋に宿泊すると思っていましたが、湯の花温泉に宿泊したのですね。それにしても田代山と帝釈山の登山口までは長い林道ですが、バスを利用でしょうか。尾瀬と田代山だなんて、予想もしていませんでした。オサバグサは咲いていました?、ワタスゲはまだでした?、水芭蕉はオバケになっちゃったかな?、残雪はありませんでしたか。写真楽しみにしていますね。コメント、ありがとうございました、トムラウシさん。ゆっくりと山旅の疲れを取って下さいね。
2016/05/30(月) 05:19:53 | URL | edit
オサバグサ見頃です♪
トムラウシ #-
あんぱんさん♪

ワタスゲもかなり出ていました。真っ白ではなかったので、まだつぼみ混じりなのだと思います。
紫ヤシオと姫石楠花は満開。水芭蕉は尾瀬ヶ原はすでに全滅。大清水ー尾瀬沼ー温泉小屋の間では時折見ることができて探せばまだ可愛い株も。リュウキンカもくたびれて終盤。

木曜夜行バスで大清水、金は温泉小屋泊、御池に下山する間の方が水芭蕉が残っていました。
温泉小屋で、所属している山岳会の仲間と合流、御池からは車に乗せて頂き土は湯の花温泉泊、日は田代山ー帝釈山、そして日も湯の花温泉に連泊して、今日帰宅です。

なんて贅沢♪(*^-^*)

2016/05/30(月) 15:54:26 | URL | edit
またまたトムラウシさんへ
あんぱん #-
やはり温泉小屋含めて二泊三日の山旅だったんですね。お疲れ様でした。田代山の山開きの日だけバスが出るような記憶があったものですからお聞きしました。温泉に浸かっての山歩きだなんて憧れちゃいます。それにしてもオサバグサが見頃だなんて、今年はものすごく季節が速いような感じがしますね。ありがとうございました。
2016/05/30(月) 20:40:32 | URL | edit
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
あんぱん