• RSS1.0
  • RSS
  • Admin
  •                                     <四季折々の山と花の風景>
2016/10/22 (土) 22:57:22

赤沢スキー場から赤沢峠・稲包山・三国峠・旧三国街道・法師温泉の紅葉狩り

 R0000073_R_201610230505072b3.jpg

今週末は久しぶりに季節を感じながら歩いた。秋になっても秋を感じられずにいたが、紅葉した山肌を目の前にしてやっと季節を実感したというのが正直なところだった。結婚式とか自冶会の行事とかで、何かと用事が立て込んでしまい、山へ行く時間がなかった。そんな事で、今回は紅葉狩りを目的に稲包山へ出掛けてみることにする。出来れば静かなコースをと、地図を眺めて決めたのが今回の周回コースだった。巡視路を利用する手もあったが、短時間で山頂へ着いてしまう為、これはエスケープルートとし、赤沢スキー場をカーナビにセットして車を走らせた。









R0000025_R_20161023050257986.jpg 
夜が明けた頃、国道17号の猿ヶ京辺りから法師温泉方面へ入り

狭い林道をしばらく車を走らせると、突然黒くて小太り気味の動物が目の前を横切り、とっさに熊だと分かった。









R0000029_R_20161023050324934.jpg 
そして、赤沢スキー場へ着くや否や、早速熊除けの鈴をザックにくくり付け出発する。

だが、気持ちが動転していたのか、何故かゲレンデの上まで登ってしまい、慌てて登山道へ戻った。









R0000055_R_2016102305031702b.jpg 
ここは上信越自然歩道ということで、下刈りもされていて、よく整備されている。

稲包山周辺は送電線の鉄塔が多く、巡視路の為の下刈りのようにも思えるが、いずれにしても歩き易い道だ。









R0000062_R_201610230503200b4.jpg 
やがて赤沢峠へ到着する。

先週は秋晴れの天気に恵まれていたが、今日はこれから曇り始める様子だ。

稜線へ出ると風は冷たく感じる。

東屋で休憩しながら柿を食べたが、稲包山へ向かって重い腰を上げた。









R0000064_R_20161023050310570.jpg 

丁度見頃の紅葉を楽しみながら、更に歩くが









R0000067_R_20161023050447ed8.jpg 
期待していた展望は少なく









R0000069_R.jpg 
樹間から霞んだ山なみを遠望していると









R0000073_R_201610230505072b3.jpg 
やがて三角の容をした稲包山が見えてくる。









R0000081_R_2016102305050544e.jpg 
いたる所に巡視路の分岐があるが

歩く尾根道は常に下刈りがされていて、とても歩き易い。









R0000091_R_201610230505036d7.jpg 
ここの紅葉は既に終盤という感じで

季節の移ろいは実に早く、初霜の便りも聞かれる今日此の頃だ。









R0000111_R_201610230505527c1.jpg 
赤沢峠から上がって来た尾根を振り返り、稲包山山頂へ飛び出る。









R0000112_R_20161023050550b39.jpg 
6~7人が山頂で休憩していたが、驚いた様子だった。

きっと、四万温泉方向からやって来たことに、びっくりしたのだろう。

古いハンドブックには

稲包山は三国峠から南西へ約4km、谷川連峰主脈や白砂山から程よい距離を保つ位置にあり

好展望の山だと紹介されている。

そうとなれば、腰を下ろしてゆっくりと何か食べながら

この眺望を楽しみたいものだ。









R0000114_R_201610230505521d0.jpg 
という事で、まずは山座同定を勝手にしてみると

白砂山は左の山だと分かったが、その尾根続きにある佐武流山辺りの山も見えているらしい。









R0000129_R_201610230505558d7.jpg 
こちらの尾根は三国峠からだとすぐに理解できた。

その奥は平標山と仙ノ倉に万太郎山らしい山容が見え、その手前にある三国山と大源太山も眺められる。

まだまだこの先は長い。

簡単に済ませて、三国峠へ向けて出発した。









R0000164_R_20161023050600fd4.jpg 
曇りがちの空模様になってしまったが、色付いた葉が心を和ませてくれる。









R0000174_R_20161023050706f89.jpg 
三国峠からこの尾根の風景を眺めながら登る登山者は少なく

むしろ、旧三国スキー場からの方が多いようだ。









R0000209_R_20161023050707098.jpg 
小刻みにアップダウンを繰り返しながら歩き









R0000225_R_20161023050715c7f.jpg 
秋色に染められた山腹を眺め









R0000251_R_20161023050710ca1.jpg 
やがて三国峠へ到着する。

ここでみかんを食べながら一息入れて、下山コースを確認した。

その結果、時間的にまだ余裕があるので、大般若塚から法師温泉へ下ることにする。









R0000256_R_201610230507160e9.jpg 
旧三国街道を歩きながら









R0000261_R_20161023050839cbe.jpg 
秋を楽しみ









R0000266_R.jpg 
旅人を静かに見守ってくれる石仏に手を合わせ









R0000272_R_2016102305085101e.jpg 
冬の三国峠越えで命を落としたと言う、長岡藩士遭難の歴史を物語る場所に出た。

それによると、長岡藩内の犯人を江戸で捕まえて

丸カゴに入れて護送中に表層なだれに遭い、藩士全員が亡くなり

犯人とその人足はなだれに巻き込まれず、助かったのだという。









R0000279_R.jpg 
また、三国街道の或る一日として、こんな事が記されていた。

文久三年三月十五日 長岡藩主奥方一行

御上四人、次女中四人、中居女中二人、末女中二十一人、下女中十一人、老女中二人、腰女中二人

その他合わせて四百八十三人

馬、貨物と乗用で八十九匹、馬子八十九人、総計五百七十八人

このように一つの行列にしても数多くの人が往き来していた三国街道だったらしい。









R0000287_R_20161023050851a20.jpg 

さて、いよいよ歴史ある三国街道ともお別れだ。

ここ大般若塚から法師温泉へ一気に下山開始する。









R0000290_R_20161023051036fa9.jpg 
そして、国道を挟んで法師温泉の一軒宿へ下山した。

玄関に日本秘境を守る会の提灯がぶら下がる山のいで湯

一風呂浴びて帰りたいところだが、生憎入浴出来る時間はとうに過ぎてしまっていた。

久々の山歩き

季節を感じながら、三国街道の歴史にも触れることができた休日だった。




スポンサーサイト
Trackback(-) comment (4) | 山さんぽ
comment
ビックリ!
彩 #-
あんぱんさん、こんばんは♪

今日歩こうとしていたルートと全く同じです。
前夜に気持ちが変わって別の山にしてしまいました。
もっと早く拝見していれば予定通り歩いたかもです(残念)。

やっぱり自然林が綺麗な素敵なコースですね。
来年以降の楽しみにとっておきます。
2016/10/25(火) 20:16:45 | URL | edit
あんぱん
彩さんへ #-
おはようございます、彩さん。(^^)/

そうですか、土日はお仕事だったんですね。日記を拝見していて、更新されていなかったので、不思議に思っていたところです。それにしても、苗場山から始まって武尊、谷川の馬蹄型、それに奥秩父の西御殿岩とものすごい行動力にびっくりです。相変わらず彩さんのガッツには脱帽ですね。でも、色々な山の紅葉情報を楽しみに拝見していましたよ。稲包山のこのコースはとても歩き易く、三国街道などはブラブラ歩きと言った感じでした。
お仕事、家事、料理にと頑張っているご様子。これから寒くなります。体調には充分気を付けて下さいね。
2016/10/26(水) 05:18:02 | URL | edit
お邪魔します♪
トムラウシ #-
あんぱんさん、彩さん、こんにちは♪
今、彩さんのキッチンにお邪魔してきたところです♪

いよいよ近郊の紅葉のシーズン、わくわくですね♪
あんぱんさんの山の空気が伝わってくるダイナミックな写真や、彩さんの毎日のように更新される可愛い山野草の写真を拝見しながら、週末を待ち遠しく思っています♪
(*^-^*)
2016/10/26(水) 12:53:49 | URL | edit
あんぱん
トムラウシさんへ #-
こんばんは、トムラウシさん。^^

遅くなりましたが、富士山、冠雪しましたね。今朝、通勤電車の車窓から微かに白いのが見えました。そして、紅葉も遅れ気味でなんでしょうかね。

そう言えば、滝子山の紅葉情報、ありがとうございました。

それに、楽しそうな、”GABGAB Friday”
たくさん飲みましたか?
飲んで、唄って、おしゃべりして、陽気な姿が目に浮かびますよ。

今週末はちょっとお天気が心配ですが、日曜日は大丈夫みたいですね。
2016/10/26(水) 20:31:56 | URL | edit
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
あんぱん