• RSS1.0
  • RSS
  • Admin
  •                                     四季折々の山と花の風景
2016/11/20 (日) 22:16:50

雨も上がって奥武蔵は鎌北湖からユガテと天覚山から多峯主山・天覧山の紅葉観賞

IMGP0157_R.jpg  
土曜日は雨だったので家でのんびりと過ごし、日曜日に奥武蔵の里山の紅葉を目的に出掛けた。この時季になれば天覧山の紅葉が観たくなる。そこで、今回は越生線の武州長瀬駅から鎌北湖、ユガテ、天覚山、多峯主山と天覧山経由でJR東飯能駅までを歩くことにした。天覧山は車で出掛ければ買い物ついでに立ち寄ることのできる距離なので、悩んだ末に一日遊べるコースを選んだ。









IMGP0009_R_2016112204232252c.jpg 
早朝に越生線の駅を降り立ったが、濃い霧が立ち込めて辺りはまだ薄暗く視界は20~30m程度だった。

迷い易い住宅街を抜け、鎌北湖へ向かう。









IMGP0037_R.jpg 

そして、鎌北湖の湖畔へ出たところ、既に多くの釣り人達が釣り糸を垂れていた。









IMGP0041_R_201611220423251db.jpg 
辺りはまだ霧に包まれているのだが、時折日差しが射し込み、明るくなる。









IMGP0043_R.jpg 
静かな水辺を散歩するのも悪くない感じだ。









IMGP0046_R_201611220423218f1.jpg 

しかし、何を考えていたのか、林道の分岐でウロウロする。

道標を確認したが、勘違いしてしまい北向地蔵へ向かってしまった。

地図を広げて確認すれば済むものを間違った道を更に進み

途中で運良く出会った男性に声を掛けられ、道を修正する始末だ。

「このまま真っ直ぐ行ってもいいが、道が無くなってしまうよ」、という事だった。









IMGP0048_R_20161122042405dc7.jpg 
記憶だけで歩いていたが、やっと見覚えのある風景からユガテへ









IMGP0078_R_20161122042410ecb.jpg 
ここで腰を下ろして一息入れる。

そして、畑を耕す方が一人、ハイカーが5~6人、静かな山村風景を眺めながら小腹を満たす。









IMGP0088_R_201611220424104dd.jpg 
今日の目的地は天覧山の紅葉観賞ということで

一度、ユガテから東吾野駅へ下山する。









IMGP0094_R_2016112204241705c.jpg 
古道の飛脚道を下りながら橋本山で奥多摩の山なみを眺め









IMGP0107_R.jpg 
吾那神社へ下って









IMGP0117_R.jpg 
せっかくなので神社の周りも散策する。

しかし、目の前の国道はたくさんの車が行き交い、騒々しい。









IMGP0123_R_201611220424539f5.jpg 

今度は東吾野駅前を横切り、天覚山へ登りはじめた。

ここは沢コースと尾根コースがあるらしく、明るい尾根コースを選んで一汗をかいた。









IMGP0144_R.jpg 
やがて、天覚山の山頂へ出てみれば、以外にも展望がいいのでちょっとびっくり。

丹沢から奥多摩、それに都心までが見渡せる。

山頂には登山者が二人、昼を食べながら山の話しをして、この先の尾根を下った。









IMGP0152_R_201611220424563d8.jpg 
天覚山から永田台の住宅地まではまったく展望がなく

途中、ゴルフ場の脇を通過しながら、かなり小刻みにアップダウンを繰り返す。









IMGP0154_R.jpg 
しかし、最大の難所は住宅地から多峯主山への道のりだった。

工事中の迂回路なのか良く分からないが、小さな谷間を降りたり登ったり

比較的、移動距離の短い割には疲れてしまう。









IMGP0157_R.jpg 
そして、やっと多峯主山へ到着した。









IMGP0162_R_20161122042529a3e.jpg 
山頂から歩いて来た山なみを眺め、最後の休憩を取る。

時間も思った以上に掛かってしまったので、先を急がなければならない。

陽が落ちる前に能仁寺へ出たいと思う。









IMGP0173_R.jpg 
次は天覧山の山頂からはじまる紅葉をじっくりと









IMGP0174_R_20161122042540bb6.jpg 
立ち止まりながら眺め









IMGP0176_R_20161122042543fa6.jpg 
奥武蔵の秋を堪能して









IMGP0180_R.jpg 
何度も上を見上げたりしながら色鮮やかな色彩を楽しんだ。









IMGP0193_R.jpg 
ご近所の方だろうか

夕暮れ時だというのに散歩する方が続々とやって来る。

やはり紅葉も天覧山から能仁寺の境内にかけてが一番見頃だった。









IMGP0200_R.jpg

もう少し、じっくりと明るい時に見たいところだが

最寄の東飯能駅へ向かいはじめる。

そして、街の街灯がともり出し、紅葉観賞の一日が終わった。




スポンサーサイト
Trackback(-) comment (0) | 山さんぽ
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
あんぱん