• RSS1.0
  • RSS
  • Admin
  •                                     四季折々の山と花の風景
2017/02/25 (土) 22:05:07

目の前のあとちょっとが頑張れなかった甲武信岳

R0000079_R_201702260512453c0.jpg 
前日にふと思い立ったのが甲武信岳だった。天気も比較的安定している様子なので雁坂トンネルを越えて西沢渓谷駐車場へ向かう事にした。影森の自動販売機で雁坂トンネルの通行券を買い求め、料金所でそれを出すと「昨夜雪が降って、ここから先は約5cmほど積もっているので気を付けて下さい」と、親切に声を掛けられる。そして、薄っすらと雪化粧した西沢渓谷の入口から歩き出した。









R0000005_R_201702260510513ad.jpg 
駐車場には車が1台止まっていて、室内灯が点いていたので甲武信だと確信していた。

そして、私が出発する頃には既に出掛けた様子だった。

雪の上に残された足跡からして2名が甲武信岳へ向かったと考えていたが

何とトレースは徳ちゃん新道を過ぎて渓谷へ向かっていた。









R0000007_R_20170226051057a58.jpg 
登山口から雪はあったが、積雪はそれほどでもなく、尾根に乗るまでは問題なかった。

しかし、ある程度標高を上げると雪の下がアイスバーンになっていて

少し早いと考えたが山道の途中でアイゼンを取り出して履く準備をしていると

下から若い方が追い抜いて行き、これでトレースを追うだけとなる。









R0000014_R_20170226051105c4b.jpg 
まだ雪はそれほど気にするような積雪ではない。

むしろ、その下の凍結した山道が足をすくう。









R0000026_R_201702260510571d6.jpg 
だいぶ標高を上げてきたが、単調な山道から周辺の山々が覗かれた。









R0000028_R_20170226051106248.jpg 
既に先行者は見えない。

そして、また後ろから単独の方が追いついてくる。

話を伺えば、この方は飯豊連峰の門内小屋の管理人をしているという方だった。

数年前に宿泊した小屋だったが、会ったのは受付の時だけで、まったく覚えていない。

しばらくは飯豊の話しが続いたが、明日は雲取山だと言い残し、消えて行く。









R0000029_R_20170226051154ebb.jpg 
トレースからして先行者はスノーシューに履き替えたらしい。

踏み抜きはまだそれほどでもないので、ツボ足で進む。









R0000034_R_201702260511523b8.jpg 
そして、展望の良い場所までは休まずに進もうと我慢しながら登る。

しかし、下からの底冷えに我慢しきれずアウターのパンツを取り出した。

アイゼンを外して、靴を脱いで、それを装備する。









R0000038_R_20170226051157650.jpg 
やっと展望の良い場所で出たが、今日は富士山が隠れてしまったようだ。









R0000042_R_20170226051153893.jpg 
夏道ならここからあとわずかだと先を急ぐ。

しかし、雪は更に増えて、先ほどの小屋の方がワカンを履いていた。

この辺りになると股座まで踏み抜く積雪だった。

時間を確認すれば昼時である。

とりあえず、樹林帯から抜けるところまで行ってみることにした。









R0000056_R_20170226051159472.jpg 
木賊山を過ぎて金峰山が顔を出す。









R0000072_R_20170226051233765.jpg 
この辺りなら休憩するのに打って付けだった。

風もなくそこそこ見晴がいい。









R0000076_R_20170226051238edb.jpg 
ここから見る限り八ヶ岳は雲一つない天気のようだ。

力が抜けてしまい、早くおにぎりを食べたいところだが、もう少し先へ進んでみることにする。









R0000079_R_201702260512453c0.jpg 
トレースはあるが、登り返しを考えると時間的に不安だ。

ここまで踏み抜きながらもやって来てしまったが、下山時間の事を考えれば

体力も限界、タイムリミットだと判断する。









R0000089_R_20170226051244f1a.jpg 
そうと決まれば、ここでのんびりと昼飯にした。

風は少々冷たいが、展望はそこそこいい。









R0000094_R_2017022605124299f.jpg 
冬の甲武信岳は装備と出発時間を考慮しておくべきだった。

もう少し早い時間帯に出発していれば良かったのかもしれない。









R0000099_R_2017022605130821e.jpg 
とりわけ、この景色が眺めたかったので下山開始する。

しかし、何となく後ろ髪を引かれるような思いだったが

暗くなってから凍結した山道を下るような事はしたくなかった。

明るいうちに安全第一で下山開始だ。









R0000106_R_201702260513096e0.jpg

案の定、駐車場へ下山した頃には薄暗くなってしまった。

これ以上遅くなっていたら、更に遅い時間となっていただろう。

暗闇でアイゼンを引っかけて転倒でもすれば…

そう思うと、これで良かったのだと納得する。



スポンサーサイト
Trackback(-) comment (2) | 山さんぽ
comment
甲武信ヶ岳
HIDEJI #r3QP6kNc
あんぱんさん、ご無沙汰しております。
あんぱんさんのブログは私の行きたい山ばかりで、いつも羨ましく拝見しております。先週の土曜日も甲武信ヶ岳にも行ってみたかったのですが、私では雪の多さに間違いなく途中でギプアップを余儀なくされていたと思います。
ただ強行していれば、途中であんぱんさんとお会いできたかもしれないですね。
私の方は笠取山方面に行っておりましたが、こちらは雪が少なく、私にはちょうど良かったのかもしれません。
奥秩父主脈から富士山の展望を楽しみにしていたのですが土曜はイマイチでした。そして、雲取山も行ってみたいのですが、こちらも雪が少なそうですね。
2017/03/02(木) 20:12:35 | URL | edit
HIDEJIさんへ
あんぱん #-
こちらこそご無沙汰しています、HIDEJIさん。
先週はまったく甲武信岳を考えていませんでしたが、何故か当日の朝に決めた山でした。いつもそうなんですが、山へ行く時は事前に2つから3つ程度の山を考えています。そして、天気予報でどれにしようかな?って感じです。天気が荒れている場合は迷いますが、朝起きた時間にも左右されるところです。
そして、いつもコメントありがとうございます。春が待ち遠しいこの頃ですが、雪遊びも名残惜しいところです。この時季は山道が凍っている場所もありますし、雪崩れも心配ですので無理は出来ないですね。
ありがとうございました。
2017/03/03(金) 05:05:23 | URL | edit
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
あんぱん