• RSS1.0
  • RSS
  • Admin
  •                                     <四季折々の山と花の風景>
2017/05/05 (金) 22:59:33

山菜とアカヤシオの花見を兼ねて赤岩峠から宗四郎山へ

R0000070_R_20170506090427764.jpg 
今日はワラビ採りとアカヤシオの花見を兼ねて宗四郎山へ行ってみることにした。入山はニッチツの鉱山跡地から赤岩峠へ上がり、そこから県境尾根を往復する。山はまだ芽吹き始めた頃で、アカヤシオも来週あたりが見頃かと感じた。









R0000004_R_20170506090324823.jpg 
赤岩峠では大ナゲシが存在感ある容を現す。









R0000014_R_20170506090343dac.jpg 
この頃は大ナゲシ分岐辺りからアカヤシオの花が咲き出しているのだが

今年はやや遅い感じがした。









R0000024_R_201705060903359e8.jpg 
そして、雁掛峠を過ぎ、小高いピークを越えて行くと、ここが宗四郎山だという名板が取付けてある場所に出た。

ここが一瞬、宗四郎山だと思ってしまったが、不思議でならなかった。

何故なら前回の宗四郎山とは全く違う山頂だったからだ。

地形図と周辺の山を眺めれば、ここが六助ノ頭だと直ぐに分かるはずだが

間違った場所にこのような物が平然と取付けてあるのも迷惑なものだ。

親切に取り付けたのかもしれないが、この表示が現在地を錯覚させてしまう。









R0000026_R_20170506090333567.jpg 

その六助ノ頭から次なるピーク、宗四郎山を眺め

下る尾根を防火帯に誘われてしまうが、ここは右の急峻な尾根へ方向転換する。









R0000035_R_20170506090342e4d.jpg 
しばらくして、南天山を眺めていると









R0000037_R_20170506090414f06.jpg 
宗四郎山から下って来た単独の男性とすれ違う。









R0000049_R_20170506090418667.jpg 
更に大ナゲシと赤岩岳を眺めながら進めば









R0000053_R_20170506090425eda.jpg 
満開のアカヤシオに出合い









R0000058_R_20170506090423e25.jpg 
静かな山頂に到着だ。









R0000070_R_20170506090427764.jpg 
そして、こちらが本物の宗四郎山の頂で









R0000075_R_201705060904558fa.jpg 
帳付山から大山辺りを眺め









R0000088_R_20170506090455dab.jpg 

ノンビリと昼ご飯を食べる。









R0000099_R_2017050609050689f.jpg 
しばらく山頂で休んでいると

焼岩からやって来たという男女5~6人のグループが到着した。









R0000116_R_20170506090502edd.jpg 
そして、早々に宗四郎山を後にする。









R0000125_R_20170506090502fc5.jpg 
狙っていたワラビも収穫できて、アカヤシオもまずまず









R0000135_R.jpg 
GWの渋滞を避けて静かな山の季節を楽しむことができた。









R0000143_R_20170506090531c76.jpg 
これで大型連休も終わって、また現実の毎日に戻ってしまうが

こうして季節の移ろいを感じるのもまたいいもんだ。


スポンサーサイト
Trackback(-) comment (1) | 花さんぽ
comment
管理人のみ閲覧できます
#
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/05/12(金) 15:15:35 | | edit
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
あんぱん