• RSS1.0
  • RSS
  • Admin
  •                                     四季折々の山と花の風景
2017/08/20 (日) 22:02:10

ふらっと大持山西尾根のぶな林から再びウノタワの苔観賞

IMGP0005_R_201708210553244ae.jpg 
今年の夏はまるで梅雨空のような毎日が続いてスッキリしない。そんな中、体力維持の目的で秩父は大持山へ出掛けることにした。雲海が期待できるなら武甲山にでもと考えていたのだが、それには時間が遅かった。日中は標高1,000m前後では終始ガスの中、それよりも低山ならば視界が開けていた様子だ。久しぶりに大持山の西尾根を登って、後は天気と時間次第としたが、結果的には気の向くまま足の向くままのぶらぶら歩きとなる。









IMGP0010_R_20170821055338843.jpg 
巾着田と日和田山周辺をぶらぶらする事も移動途中に考えたが

やはり、もう少し静かで人の少ない場所をと考えて浦山口へ向かった。









IMGP0014_R_20170821055340840.jpg 
車は例によって大日堂のバス停横へ駐車する。

そして、大持山の西尾根に取り付く前に

やはり、例によっておばあちゃんちへ立ち寄って朝のご挨拶をした。









IMGP0026_R_20170821055339e8f.jpg 
しばらく巡視路を上がり

雑木林からぶな林へと山の風景が変わる。









IMGP0033_R_20170821055333d2f.jpg 
しかし、生憎のお天気だが

風もなく、とても穏やかな感じだ。









IMGP0038_R_20170821055412ab7.jpg 
力強く根を下ろしたブナを眺めては









IMGP0040_R_2017082105541769f.jpg 
霧に包まれた









IMGP0042_R_2017082105541709f.jpg 
山腹をのんびりと登る。









IMGP0044_R_2017082105541907f.jpg 
ここは大持山の山頂直下であり

それほど広範囲ではないが、何故か落ち着ける場所だ。









IMGP0054_R_20170821055422a7c.jpg 
その後は大持山の肩でおにぎりを食べ

ウノタワから再び苔を眺めに下った。









IMGP0057_R_20170821055445d81.jpg 
妻坂峠からやって来た方に伺えば

峠に咲くキツネノカミソリは既に盛りを過ぎてしまった様子だった。









IMGP0060_R_20170821055449101.jpg 
そんな事で、花は諦め鳥首峠から大日堂へ戻ることにする。









IMGP0064_R_20170821055450376.jpg

お天気が悪かった為か出会った方は数名

今日は欲張らずに静かな山の時間を味わうことが出来た。

下山後は例によって、おばあちゃんちでお茶をご馳走になり

笑点に間に合うように帰宅する。



そして、今日は何よりも地元の若いハイカーの方との出会いが

一番嬉しかった。

思わず笑ってしまうような楽しいお話しや夢のあるお話し

やはり、山はいいなぁ。


スポンサーサイト
Trackback(-) comment (0) | 山さんぽ
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
あんぱん