FC2ブログ
  • RSS1.0
  • RSS
  • Admin
  •                                     四季折々の山と花の風景
2018/02/18 (日) 22:55:56

早春の奥武蔵@五大尊から龍穏寺・四寸道・高山不動尊・顔振峠

IMGP0086_R_2018021914474189c.jpg 
新しい仕事をはじめてから数週間が過ぎ、徐々に慣れはじめてきたので久し振りに奥武蔵を歩くことにした。越生梅林へも立ち寄ってみたが、梅の花は咲きはじめたばかりで花見をするには程遠い感じだ。









IMGP0013_R_20180219144736131.jpg 
越生駅を下車してから、つつじ知られる五大尊へ立ち寄る。

そこから、梅林を目指すが、園内も含め梅の花はまったくと言っていいほど咲いていない。

それなのに、ちゃっかりと入園料を徴収しているのには驚いた。

見頃になり次第徴収するという事なら納得もするのだが…。









IMGP0018_R_20180219144731755.jpg 
そして、麦原への道すがらでやっと梅の花に出会う。









IMGP0023_R_20180219144743cd2.jpg 
龍穏寺では経蔵に描かれている彫刻を眺め









IMGP0042_R_201802191447444e3.jpg 

横吹峠から四寸道へ入って関八州見晴台を目指す。

その途中にある越生駒ヶ岳は四等三角点だが、初登頂となった。









IMGP0057_R_201802191447419ed.jpg 
見晴台では山並みを眺め、ゆっくりと昼食にした。

風がやや強く、日だまりが大変ありがたく感じる。









IMGP0084_R_201802191447483ac.jpg 
その後は高山不動尊へ立ち寄り、八徳へ下った。









IMGP0088_R_2018021914474408f.jpg 
その八徳から顔振峠へ向かうが、地図も確認せずに林道へ出て直ぐに山方向へ左折した。

すると

もしもし、どこへ行くかね?

と話し掛けてくれたおばあちゃんがいた。

そこで、間違った方向であると気付かされる。

ありがたいことだ。









IMGP0094_R_20180219144748bc2.jpg 
顔振峠では訪れた方の人数調査をしているのだという方達に出会い

そこで、しばらく世間話をした。

やがて、日も落ち始め一本杉までの所要時間を地図で確認したが、最寄駅まで歩くには時間が足りず

黒山三滝のバス停へ下る。



スポンサーサイト
Trackback(-) comment (0) | 花さんぽ
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
あんぱん