• RSS1.0
  • RSS
  • Admin
  •                                     <四季折々の山と花の風景>
2015/06/28 (日) 22:28:03

梅雨の蒸し暑さを奥多摩の滝巡りで癒やすことに@海沢の三滝から綾滝と天狗滝へ

IMGP8479_R.jpg 
湿度も高く、このむしむしした梅雨空では滝でも眺めて清々しい気分に浸りたい、と言う事で奥多摩の滝めぐりへ出掛けた。コースは車道歩きを避ける為、鳩ノ巣駅を降り立ったら大楢峠を越えて海沢園地へ入った。そして、清涼感を探し求めて滝の流れ落ちる姿を見つめつつ大岳山へ。下山は馬頭刈尾根から綾滝と天狗滝に立ち寄って千足バス停へと歩いた。昨日の雨上がりから展望の良い山でもと考えていたが、湧き上がる雲の速さは予想できない。それに、二週間ぶりの山歩きとなってしまい、今日は電車バスを使ってのんびりと過ごすことにした。









IMGP8475_R.jpg 
大楢峠の巨木は今にも倒れそうな感じだ。

このクソ暑い蒸した季節にここを歩く登山者はいないだろうと思っていたが、ところがどっこい御岳山から来たという単独の方とすれ違った。

この時間に日向和田から歩いて来たというから相当な曲者に違いない。

小太りながら忍者のような身軽さの持ち主だろうと推測する。









IMGP8500_R.jpg 

そして、海沢園地にたどり着き、滝めぐりが始まる。

まずは三段腹の滝ならぬ三つ釜の滝だ。

ここは車でも簡単に訪れることもできるが、大滝となるとスニーカーでは考えもんだ。









IMGP8525_R.jpg 
こちらは三つ釜の滝の最上部に位置する滝つぼである。

眺める場所によって三つの釜が見えるというのがキャッチフレーズのようだ。









IMGP8529_R.jpg 
次はへそ曲がりならぬネジレの滝の見物だ。

と考えていたら、それがまったく違う無名の滝を撮っていた。

これがネジレの滝だと勘違いして谷底へ降りるのを試みたが、足元が不安定で途中で諦める。

結果的にネジレの滝はもう少し奥まった場所にあるようだ。









IMGP8544_R.jpg 

そして、しばらくは山の中を歩いて海沢三滝の最後は落差20mという大滝にたどり着く。

この日出会った見学者は四人家族と単独の二名だけだったが、大滝まで上がって来たのはたったの一人だった。

この先、大岳山への登山道は荒れているらしいが、とにかく山頂まで上がってみることにする。









IMGP8548_R.jpg 
大滝の上にもう一つ不動の滝というのがあるが、道中それらしき踏み跡を拾って下ってみた。

しかし、だいぶ谷底へ下る様子の踏み跡に嫌気がさして再び荒れた登山道を進んだ。

沢沿いは雑草が生い茂り、踏み跡も一部分が不明瞭な場所もある。









IMGP8561_R.jpg 
ここまで海沢沿いに踏み跡を拾って来たが、やはり整備されていない模様だ。

そして、わさび田で作業している方に出会った。

わさびは手入れよりも猪や鹿の食害から守るのが大変だと言っていた。









IMGP8564_R.jpg 
沢からやっと離れて尾根に登り上げるが、これが中々の急登である。

それに、時間も相当費やしてしまい、これでは大岳山の山頂へ着くのは2時頃になってしまう。

本腰を入れて歩かねば・・・









IMGP8573_R.jpg 
そして、驚たことに

まだ、たくさんの登山者が山頂で休憩しているではないか。

そろそろ下山しなければいけないという時間なのに、のんびりと食べたりおしゃべりをしている。

それに、まだ登って来るハイカーもいた。

こちらは急いで食べて下山だ。

とは言うもののコーヒー位はゆっくりと頂いた。









IMGP8576_R.jpg コアジサイ

それに大岳山は意外と外人さんが多いようだ。

手ぶらの方もいる位だから御岳山から手軽にやって来られるという事だろう。

それが馬数刈尾根に入ってみればぐっと静かになった。

ここの尾根筋は気持ちの良い程々の緩やかな道だ。









IMGP8577_R.jpg 
途中、開けた場所から大岳山の山容を覗くことができたが、雲が低く垂れ込め、一雨きそうな雰囲気だった。

そして、足早に尾根を下る。









IMGP8588_R.jpg 

つづら岩から尾根を離れ下降するが、綾滝までが少々長く感じられた。

暗くなる前に下山したいが、樹林帯では既に薄暗くなってきている。

ましてやこの天気では尚更だ。









IMGP8600_R.jpg
ホタルブクロ(提灯花)
 
名は体を表すというのが、まさにこのことだろう。

まるで提灯そのものだ。









IMGP8605_R.jpg 
頭の中では払沢の滝まで見物する予定でいたが、そうのんびりもしていられなくなってしまう。

天狗の滝を最後に今日の滝めぐりは終わりだ。









IMGP8609_R.jpg 
そして、千足バス停に到着し、バス待ちをしている登山者に時間を訪ねた。

すると17:00の時刻表の15分前だった。

一段落したところで近くの自販機で冷たいコーラを買い求め、汗ばんだ身体を冷やす。

それから武蔵五日市駅から残り物を食べながら遠足気分でゆっくりと帰宅した。



スポンサーサイト
Trackback(-) comment (5) | 山さんぽ
comment
ミモザ #-
こんばんは、あんぱんさま、奥多摩の滝めぐり、大岳の眺め、三つ釜の滝、大滝、綾滝それぞれに、苔むした岩肌に、源流の冷たい水が、涼しげな雰囲気ですね、三つ釜の滝の左側の岩肌に、岩タバコの葉が、みえました。コアジサイや夏のお花たちも、素敵な写真ありがとうございます。
2015/07/02(木) 20:44:04 | URL | edit
ミモザさんへ
あんぱん #-
おはようございます、ミモザさん。
この日の午前中はとても良い天気だったみたいです。山頂から富士山も見えたと下って来た登山者が言っていました。岩タバコの葉っぱですか?。私にはまったく分かりませんでしたが、とても良くご存じなのでビックリしています。ネットで調べると花はトガクシショウマに似ているような気がしました。昨日は半夏生という節目だとTVの天気予報で聞きました。この時季になると大雨が降るそうです。これからが本格的な梅雨なのでしょうかね。それから、最近は『がんばれ!なでしこジャパン』で応援しています。決勝戦が楽しみです。ガンバレニッポン、チャチャチャ・・・
2015/07/03(金) 05:23:51 | URL | edit
ミモザ #-
こんばんは、あんぱんさま、梅雨の真っ只中、清々しい滝と清流、涼しげな雰囲気ですね、写真を拝見して、岩タバコの葉でしたね、千葉の渓谷でも、7月のお花です。そして、なでしこジャパン、あんぱんさま、すごいですね、明日の決勝戦みのがせませんね。がんばれ、なでしこジャパン。
2015/07/05(日) 20:48:48 | URL | edit
ミモザさんへ
あんぱん #-
おはようございます。なでしこジャパンは残念でしたね。でも、準優勝ですから立派なもんです。前回のW杯優勝の瞬間は良く覚えています。前回は夜明け前の時間帯で、その時は早池峰山へ車で移動中にラジオで聞いていました。終了間際のゴールは諦めないという姿に感動した瞬間でした。お疲れ様でしたと言いたいですね。
2015/07/08(水) 04:34:41 | URL | edit
ミモザ #-
こんにちは、あんぱんさま、なでしこジャパンの準優勝、世界の強豪を勝ち抜き、とっても誇りです、そして、お疲れさまと伝えたいです。あんぱんさま、早い出発で、ハヤチネに、向かわれたのですね、高山植物と美しい山、登山やお花の雑誌で、みました。
2015/07/08(水) 15:30:24 | URL | edit
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
あんぱん