• RSS1.0
  • RSS
  • Admin
  •                                     <四季折々の山と花の風景>
2015/07/20 (月) 23:15:23

意外と涼しく感じられた西沢渓谷さんぽ

IMGP9359y_R.jpg 
海の日の三連休は忙しかった。夏になると草も伸びてしまい、家の周りや庭の芝生、それに植木の手入れもしなければならず、遊んでいる暇はなかった。そうは言っても最終日には涼を求めて西沢渓谷へ行ってみる事にした。期間限定だが雁坂トンネルが無料となり、これを機会に訪れたというわけである。









IMGP9377_R.jpg 
西沢渓谷は何年ぶりだろうか

甲武信岳への登山口としてはよく利用していたが、渓谷までは足を延ばすことはなかった。









IMGP9379_R.jpg 
雁坂トンネルが無料になるという事は以前から知っていたが、それを利用するタイミングを狙っていた。

そこで、今日はかみさんを連れて、涼を求めてのハイキングとなったので荷物は重くザックも大きい。









IMGP9396_R.jpg 
西沢渓谷は昨日まで通行止めの場所があったという。

なんでも台風の影響で、コース途中から引き返す必要があったらしい。

そう考えると今日は運がいいようだ。









IMGP9404_R.jpg 
渓谷は最近降り続いた雨で水量が多い。

それに、駐車場は大半が登山者だと思うが、空は少なく、訪れる観光客も多いように感じられた。









IMGP9411_R.jpg 
展望デッキに立つと

ごう音と共に爽やかな涼しい風が吹き上げてくる。









IMGP9468_R.jpg 
若い方が多く見られたが、スニーカーではちょっと足元が厳しいようだ。









IMGP9485_R.jpg 
渓流を見物するコースには鎖あり、ぬかるみあり、水ビシャビシャの場所や

大きな石がゴロゴロしている場所もあり、せめてトレッキングシューズで歩きたいところだ。









IMGP9489_R.jpg 
ここは休憩する場所が少ないので適当に休むのがいいだろう。

とは言っても遊歩道の道幅は狭く、流れが落ち着き、緩やかになった川辺の片隅で腰を下ろすしかない。









IMGP9493_R.jpg 
西沢渓谷を一周するこのコースは約10Kmあり

普通なら4時間程度で済むが、下りに弱いかみさん同伴で6時間を要した。









IMGP9520_R.jpg 

ここの渓谷のハイライトはなんと言っても七ツ釜五段の滝だろう。

遊歩道からも流れ落ちるその光景が一望できる。









IMGP9533_R.jpg 
七ツ釜五段の滝の上部も眺められ

この景観を前に昼ご飯としたいが、立ち止まって眺めるのが精一杯だ。









IMGP9543_R.jpg 
名物の七ツ釜五段の滝を過ぎると遊歩道は折り返しとなり、木材の搬出に利用されたというトロッコ軌道を下るだけだ。

そこで、川辺に降りる道から遊歩道を外れ、渓流の岸辺で昼ご飯とする。

帰路も雁坂トンネルを抜けたが、秩父側では雨が降ったらしく道路が濡れていた。

そして、梅雨も明け、夏本番の季節となってしまった今日この頃だ。





スポンサーサイト
Trackback(-) comment (0) | 山さんぽ
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
あんぱん