• RSS1.0
  • RSS
  • Admin
  •                                     四季折々の山と花の風景
2015/07/25 (土) 23:29:06

涼しい稜線歩きは富士山を眺めながら金峰山と国師ヶ岳と北奥千丈岳で

IMGP9765_R.jpg 
この週末は暑さを避け、山の涼しさを求めて富士山を展望しながら稜線歩きができる金峰山を選んだ。大弛峠からの稜線は何度も歩いているので頭の中ではどこでどんな風景が眺められるのか、おおよその事は記憶していると考えていた。しかし、ある写真が目に留まり、雲海が広がる日の出の富士山に出合いたいと出掛けたしだいである。それに、先週に引き続いて無料の雁坂トンネルを抜けて行けば高速代も掛からず交通費が助かると同時に平成22年の今日、水晶谷で遭難救助中に多くの方々が亡くなってしまった慰霊碑を訪れたかった。









IMGP9546_R.jpg
左奥の稜線は奥多摩の山々
 
この時季、大弛峠は混雑しているのを承知で出掛けた。

日の出の時刻に合わせて家を出たが、既に駐車場は満車状態で林道へ停める。

こんなに暗いうちから大勢の方がいるのにはびっくりだ。









IMGP9549_R.jpg 南アルプスの峰々

日の出を待ち受ける場所は朝日岳手前のガレ場

そこでご来光を待つ予定で峠を出発した。









IMGP9553_R.jpg 
ヘッデンで足元を照らしながら山道を進む。









IMGP9560_R.jpg 西上州の山々に榛名山

昨日は8時に寝て、11時に起床した。

完全な寝不足で食欲もなく、朝食は食べられなかった。









IMGP9571_R.jpg 
出発して約1時間、目的のガレ場に到着し

何とかご来光が眺められる時間に間に合って良かった。









IMGP9614_R.jpg 
待つ事数分、日の出と共に南アルプスの北岳、間ノ岳が照らされてきた。









IMGP9630_R.jpg 
既に足元は明るく、登山者も3~4人の方が追い越して行く。









IMGP9641_R.jpg 
朝日岳からの眺望に金峰山が見えてきた。

後からトレランの方がやって来て

その方に訪ねてみれば、瑞牆山までを往復するのだという。









IMGP9656_R.jpg 
山道はシラビソに囲まれ、ほとんど展望はない。

石楠花もほとんどが散っている。









IMGP9662_R.jpg 
そして、ハイマツ帯まで来てみれば

小川山とレタス畑のマルチがよく見える。









IMGP9663_R.jpg 
それに、妙義山と榛名山、上越国境の山々も良く見渡せる。









IMGP9665_R.jpg 
ここから見る限り浅間山の山頂から噴煙は上がっていない様子だ。









IMGP9703_R.jpg 
瑞牆山、小川山、遠くは残雪の北アルプスも眺めることができた。









IMGP9708_R.jpg 
風景を撮りながらブラブラやって来たが、まだ7時前だ。

それでも、山頂には4~5人がいるのだから驚きだ。









IMGP9726_R.jpg 
八ヶ岳も綺麗に良く見えている。









IMGP9727_R.jpg 
奥の稜線には中央アルプスに噴煙の上がる御嶽山が眺められ

今日は遠くの山までが澄んでいるようだった。









IMGP9730_R.jpg 
金峰山のシンボル、五丈岩が大きい。

その岩頭にチャレンジする方もいたが、眺めているとやはり無理のようだった。









IMGP9742_R.jpg 
そろそろご飯を食べたい。

昨夜からおにぎり一つだけだったので、ここで休養と食事を十分に取っておきたいところだ。









IMGP9745_R.jpg 
南アルプス、富士山、そんな景色を眺めながら朝食を食べ始める。

温かいみそ汁がとても美味く、立て続けに2杯頂いた。









IMGP9748_R.jpg 
日が上がると登山者もしだいに増えてくる。

それも富士見平側から続々とやって来るのだから不思議だ。









IMGP9749_R.jpg 
こう眺めると茅ヶ岳と南アルプスの峰々も好展望だ。









IMGP9760_R.jpg 
この先、天気がどうなるのか心配だ。

落ち着きのあった雲海も乱れ始める。









IMGP9763_R.jpg 
とにかく峠まで戻って、時間と天気と、その時の気分で国師へ行くのかを決めたい。









IMGP9780_R.jpg 
振り向けば、戻る稜線の奥には鉄山、朝日岳、それに甲武信、国師ヶ岳が映る。









IMGP9808_R.jpg
鉄山から
 
単調な山道を外れ、鉄山へ立ち寄った。

しかし、そこは山名板もなければなにもなかった。









IMGP9865_R.jpg 
大弛峠に戻ったのはだいたい10時頃

天気も安定している様子で、まだ歩く気力も残っているようだ。









IMGP9881_R.jpg 
そして、国師ヶ岳まで足を延ばす事にした。









IMGP9893_R.jpg 
国師ヶ岳からは奥秩父の山々、黒金山、それに乾徳山までが眺望される。









IMGP9905_R.jpg 
続いて、奥秩父最高峰の北奥千丈岳へ到着した。









IMGP9912_R.jpg 
北奥千丈岳からこの風景を眺めながら、こんどは昼食を食べた。

昼食と言ってもおにぎり一つだけだったが、涼しい風がとても心地良く、いつまでも腰を下ろしていたい場所だ。

そして、大弛峠から雁坂トンネルを戻り、出会いの丘へ立ち寄って合掌した。

それは、5年前の7月25日、滑落した沢登りの登山者を救助する為の防災ヘリが水晶谷へ墜落し、5名の方々が亡くなってしまい

更に報道関係者の方が2名亡くなるという遭難事故だった。




スポンサーサイト
Trackback(-) comment (3) | 山さんぽ
comment
ミモザ #-
こんばんは、あんぱんさま、雄大な富士山、浅間山、御嶽山、南アルプス、奥多摩の風景、貴重な景色ありがとうございます、雲海と富士山の御来光、幻想的ですね、岩肌と緑に、包まれた山々、森林限界からの眺め素晴らしいです。そして、山岳救助のなか、お亡くなりに、なられた方々、ご冥福をお祈りします。
2015/08/04(火) 19:45:06 | URL | edit
ミモザさんへ
あんぱん #-
こんばんは、ミモザさん。いつもコメントありがとうございます。連日猛暑続きですが、夏バテせずにお過ごしでしょうか。先週は九日間の夏休みでした。そこで、三泊四日で東北の山と温泉へ行って来ましたが、帰って来たその日からダウンしてしまい、毎日おかゆと梅干を食べて静養していたしだいです。体力も相当落ちてしまい、最近になって、やっとパソコンを開く気持ちになれたところです。まだ、本調子ではないので、明日は大学病院へ行ってみる事にしました。まだまだ暑い日が続きますから、くれぐれも夏バテしないように、良く食べて、良く寝て、涼しくお過ごし下さいませ。ありがとう~!
2015/08/05(水) 21:22:17 | URL | edit
ミモザ #-
こんばんは、あんぱんさま、夜分遅くに、すいません、ご旅行後、帰宅されてから、体調を崩され、大丈夫でしょうか?連日の猛暑に、加え、雨や夕立など、なしです、日射病や熱中症など、心配です。あんぱんさま、お身体を大切してください。私も、気を付けます。
2015/08/05(水) 23:45:02 | URL | edit
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
あんぱん