• RSS1.0
  • RSS
  • Admin
  •                                     <四季折々の山と花の風景>
2015/08/15 (土) 23:28:43

夏の秩父巡礼とレンゲショウマの咲く丸山を訪ねて

IMGP0797_R.jpg 
今年も暑い8月15日を迎えた。このお盆休みの一日目は草むしりで体調を確認し、二日目に墓参りを済ませ、三日目にして山へ出掛けた。この頃になると奥多摩の御岳山に咲くレンゲショウマを見たくなるが、今年は秩父札所巡りをしながら丸山に咲くレンゲショウマを訪ねてみることにした。約3週間ぶりとなる山歩きだが、どの程度の体力が落ちているのか不安だ。そこで、無理をせず、高望みをせず、里に触れながら静かな寺を訪ねてみたいと思う。









IMGP0765_R.jpg 札所九番 明智寺


秩父の札所巡りは十数年ぶりで、今となってはほとんどが記憶に残っていない。

それでも、最近はお気に入りの札所だけは時々立寄って、その季節感を味わっている。

今回も気まぐれではあるが、夏の巡礼道を織り交ぜながらレンゲショウマの咲く丸山へ出掛けたしだいだ。









IMGP0769_R.jpg 
札所七番 法長寺


まずは下車駅の西武秩父線、横瀬駅から歩き出す。

丸山は幾度となく立寄っているが、だいたい小川町駅からバスに乗車し、東秩父側から登っていた。

まだ、人影が少ない集落を道標に沿って歩き続ける。









IMGP0771_R.jpg 札所六番 ト雲寺


そして、巡礼道を歩いていると、見ず知らずの私に言葉を掛けてくれる。

「ご苦労様です」、「おはようございます」と

札所巡りをしていると何気ない挨拶がとてもうれしい。









IMGP0778_R.jpg 
丸山へは芦ヶ久保駅を下車するのが一般的だが、あえて人の少ない山道を選んで登った。

しかし、選んだ道はあまり整備されてない藪ぽい感じで、雲の巣を顔一面にかぶりながら歩く始末だ。

夏は雑草が生い茂り、露払いも当然してしまった。









IMGP0782_R.jpg 
山頂へ到着し、丸山の展望台から眺めるが、まだ雲が取れない様子だった。

朝のうちは低い雲が垂れ込め、見通しが悪かったが、武甲山の雲の掛かり具合を考えれば

まだ、標高1,000m位は雲の中だ。









IMGP0789_R.jpg 
丸山はレンゲショウマの咲く場所探しから始まった。

現地へ到着してみればまったく咲いている様子もない。









IMGP0792_R.jpg 

最悪は県民の森の職員の方に聞くつもりでいた。

しかし、辺りには花らしい花も咲いていない。

どこにレンゲショウマが咲いているのだろうと不安になる。









IMGP0797_R.jpg 
不安になって行き交う方に訪ねてみた。

するとレンゲショウマの花自身もご存じない方もいて、場所探しには手こずった。









IMGP0799_R.jpg 

そんな中、カメラを持った老夫婦に訪ねて

おおよその場所を知り、現場へ急行する。









IMGP0800_R.jpg 
レンゲショウマは丁度見頃を向えていたが、御岳山のような群生地はない。

広範囲な所で、ところどことに点在しているだけであったが

お目当ての季節の花に出会えた瞬間は微笑んでしまった。









IMGP0802_R.jpg 札所四番 金昌寺


そして、丸山から金昌寺へ下山した。

長い長い山道を下り、やっと降り立った札所四番、静かな境内は夏の巡礼者の少なさを物語っている様子だ。









IMGP0806_R.jpg 
ここは多くの石仏が安置され、鑑賞するには事欠かさない。

その数千三百体余というから驚きだ。









IMGP0812_R.jpg 
中でも有名なのが、本堂の前にあるこの「慈母観音像」だと言われている。

母親が子供に乳を与えているやさしい表情と無心な子供の姿の表現に感心があるようだ。









IMGP0816_R.jpg 
大きな藁草履が特徴の山門もどことなく古寺を感じさせてくれる。

こんな暑い日に訪れる方はいないだろうと考えていたが

単独の方一人に三人の男性達がやって来た。









IMGP0821_R.jpg 
札所三番 常泉寺


四番金昌寺から五番の語歌堂へ行く予定でいたが、時間に余裕があるのと

体力的にもうしばらくは歩けそうな感覚だったので三番の常泉寺へ立寄った。









IMGP0825_R.jpg 
日差しは強くまだまだ真夏を感じさせるが、足元に咲く花から秋の気配さえ感じられた。

それに、畔の巡礼道ではのどかな山村風景も広がり、巡礼者気分で旅することも味わう。









IMGP0829_R.jpg 
あまりにも暑いのだろうか、老婆が木陰で休んでいた。

手ぬぐいを首に巻き、ザックを背負って、登山靴で歩いていれば

「この暑いのにご苦労様です」と声を掛けてくれる。









IMGP0830_R.jpg 札所五番 語歌堂


確かにこの日は暑かった。

山とは違って、自販機で冷たいコーラを買い、喉を潤しながら歩き続ける。

それも、ほとんどが一気飲みのような感じで飲み干した。









IMGP0833_R.jpg 札所十番 大慈寺


ここの十番、大慈寺で金昌寺にいた単独の方と再び出逢った。

路線バスで札所一番へ行き、そこから順番に歩いているらしい。

日帰りだが、一人旅がしたくてやって来たという。









IMGP0838_R.jpg 札所十一番 常楽寺


その単独の方は時間までにたくさんの寺を回って帰りたいという事で

納経所が閉まる午後五時を目安に次の寺へ急いだ。









IMGP0841_R.jpg 

この歳になると話し掛けることも話し掛けられることも多くなった。

そんな訳で単独の方を道案内する役を買って出てしまう。









IMGP0835_R.jpg 
本来なら春か秋に訪れたい秩父札所巡りだが、旅の出逢いもまた楽しい。

その方は西武秩父駅からの帰宅ということで、最終地は札所十五番の少林寺にした。









IMGP0843_R.jpg 札所十五番 少林寺


今日は札所九番から始まって、十五番の少林寺まで九ヶ所を訪れることができた。

それに、丸山のレンゲショウマは少々期待外れだったが、リハビリ登山にしては次の自信につなげることができるだろう。

帰路は秩父駅から浴衣姿の多い長瀞の船玉祭を横目に帰宅する。




スポンサーサイト
Trackback(-) comment (4) | 花さんぽ
comment
レンゲショウマ
HIDEJI #bLZ3L1Gs
あんぱんさん、こんばんは。
体調不良とお聞きし、心配しておりましたが、お歩き拝見する限りでは、回復されたご様子、なによりです。
丸山でレンゲショウマが観れるとは知りませんでした。それに札所巡りもいいですね。この時期の秩父とはいえ、記事を拝見するに清涼感が漂ってくる感じがいたします。
写真の素晴らしさもさることながら、歩かれるコース選定のセンスも違うのでしょうね。後追いしたくなります。
この時期、私が秩父を歩くと暑苦しくなって仕方ありません(^_^;)
2015/08/17(月) 20:25:41 | URL | edit
HIDEJIさんへ
あんぱん #-
おはようございます。
HIDEJIさんの山歩き、こっそりと拝見していましたが、どれをとっても凄いところばかりで、感心していました。特に毘沙門山、滝谷山、グミのには秘境の空気がうかがえました。最近では山へのモチベーションも薄くなってしまい、秋の涼しさを待ち望んでいる今日この頃です。そして、疲れたら時々札所で癒やされています。
2015/08/18(火) 04:53:29 | URL | edit
ミモザ #-
こんばんは、あんぱんさま、歴史ある寺社と美しいお花の写真ありがとうございます、レンゲショウマや秋桜、野山に、あってこその雰囲気ですね。体調は、いかがでしょうか、清々しい景色とすこし、秋めいた空気に、包まれての散策、いいですね、あんぱんさま、稲刈りは、順調に、早場米の収穫とコシヒカリともち米の順で、今月中旬で、終わりそうです。残暑も、まだ、ありますが、秋を感じる夜風や鈴虫の綺麗な音色も、よいものですね。
2015/09/03(木) 20:23:05 | URL | edit
ミモザさんへ
あんぱん #-
こんばんは、ミモザさん。
いつもご覧になって頂き、ありがとうございます。蒸し暑い日が続きますね。秋雨はもう少し涼しいイメージでいましたが、なんだか梅雨のようです。夕方はこちらも虫の鳴き声が聞こえますよ。稲刈りはまだ始まっていませんが、黄金色になってきました。もう少し秋が感じられるようになればいいのですが。新米は毎年お願いしている農家の方にお願いしました。そろそろ野菜も植えなければいけないのですが、まだ準備していません。頑張らなくては。。。
2015/09/04(金) 19:31:52 | URL | edit
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
あんぱん