• RSS1.0
  • RSS
  • Admin
  •                                     <四季折々の山と花の風景>
2015/09/12 (土) 23:15:09

やっと晴れた週末には北八ヶ岳を歩いてみた

IMGP1809_R.jpg 
やっと秋の長雨も峠を越えたのか、それとも中休みなのか、今週は久し振りに晴れた。それにしても台風の爪跡は想像を超える被害である。近県だけに心配だ。幸いにして気掛かりだった雨漏りもなく我が家は助かった。先週の和名倉山では瑞々しい苔が印象的だった為、今週も苔の森を訪ねることにした。北八ヶ岳はシラビソの原生林と苔むした倒木帯、それに湖沼が点在し、北欧的な風景を見せてくれる。そんな北八ヶ岳は2,000m級の山々で構成され、斜面はなだらかで岩場も少なく、うっそうとした深い森の中に苔の神秘的な美しさを見せてくれる山域だ。









IMGP1736_R.jpg 
麦草ヒュッテ


今週末は迷った。

上越の山へ行くか、奥多摩の山にするか、それとも赤城山か瑞牆山のカンマンボロンにしようかと・・・

そして、悩んだ結果、先週の和名倉山の苔が忘れられず、北八ヶ岳を歩いてみようと出掛けた。









IMGP1750_R.jpg 丸山、中山、東天狗、西天狗


麦草峠の無料駐車場は相変わらず朝早くから満車状態だった。

そして、本日の出発時間を考慮すれば

北横岳まで行き、その到着時間によっては復路を考えようと思う。









IMGP1765_R.jpg 奥秩父に広がる雲海


朝はガスに包まれていたが、時間とともに展望が得られるようになる。

とは言っても、うっそうとした登山道からではなく見晴らしのよい展望台からだが・・・









IMGP1779_R.jpg南八ヶ岳


茶臼山の展望台からは富士山こそ見えないが、日本アルプスの峰々が眺望可能だ。

北岳、甲斐駒、仙丈からはじまり、木曽駒、御嶽山、乗鞍、奥穂、鹿島槍等々









IMGP1786_R.jpg北岳、甲斐駒、仙丈


しばらくぶりに壮大な山の風景を眺めたという感じだ。

北八ヶ岳も久しぶりだが、日本アルプスの峰々を眺望するのも久し振りだった。









IMGP1794_R.jpg 中央アルプス、御嶽山


奥武蔵あたりの感覚でやって来たが、予想外に寒い。

これからの季節、防寒対策にも充分注意しなければならないだろう。









IMGP1800_R.jpg 北横岳、蓼科山


麦草峠が標高2,000m位なので茶臼山と縞枯山を越えて北横岳へ行ってもそれほどアップダウンはない。

しかし、山道の石の上は良く滑る。

縞枯山の下りしなに足をすくわれ尻餅をついてしまった。









IMGP1850_R.jpg  
縞枯山から八丁平へ下る途中で足をツルンと取られてしまった。

その拍子に尻餅をついたかたちで転倒する。

そばにいた方から「大丈夫ですか?」と声を掛けられたほどだ。

そう言われると「はい、大丈夫です」と無意識に答えてしまうが、症状は骨折はしていない様子だった。

しかし、「痛い」の一言である。

2年前に骨折した尾骨がやっと治ったというのに、くわばらくわばらだ。









IMGP1833_R.jpg 茶臼山


このコースを歩くのは何年ぶりだろうか

回数は少ないが、もしかすると十数年は経過しているかもしれない。









IMGP1864_R.jpg 阿弥陀、赤岳


これほど眺めが良いとは記憶になかった。

縞枯山にも展望台はあるが、どちらかと言えば茶臼山の方が眺望はいい。









IMGP1867_R_20150913052141ee5.jpg
 
苔で知られるだけに山道はうっそうとしている。

これで風でもあれば夏は涼しいかもしれないが、樹林帯ではちょっと汗ばむほどだ。

しかし、視界が開けてくると心地よい風が秋を感じさせてくれる。









IMGP1873_R.jpg 縞枯山荘


この先が迷うところだ。

どこをどう回って戻るかを悩んだ。

その結果、北横岳に到着した時間で戻るコースを決めたいと思う。

今日の目的地は白駒池だが、できれば大岳から双子池へ下り、雨池から麦草峠に出たいところだ。









IMGP1881_R_2015091305214679d.jpg 坪庭


坪庭はロープウェイがあるだけに観光客が多い。

北横岳も同じだ。

山道も山頂もハイカーでごった返している。









IMGP1885_R_20150913052145782.jpg 北横岳ヒュッテ


高齢者もいれば、まだ幼い子供を連れて登る家族もいる。

これだけ観光客が多いと一番困るのはトイレだ。

奥秩父ならどこでもトイレだが、ここではそうもいかない。









IMGP1889_R.jpg 七ツ池


観光気分で七ツ池に立ち寄った。

七ツ池入口に「この先行き止まり」という案内が出ているので、人も少なく静かだ。









IMGP1903_R.jpg 
朝が早かっただけにそろそろ昼飯にしたい。

しかし、もう少しで山頂なので、そこまで我慢することにした。









IMGP1904_R.jpg 南八ヶ岳


やっと視界が開けてきた。

しかし、まだ山頂ではないが、ここで食べることにする。

我慢も限界だ。









IMGP1917_R_20150913052221ba1.jpg乗鞍、穂高連峰


次々に下から上がって来る登山者

どうも落ち着いて食べていられない。

おにぎり一つで止めてみたが、何となく満たされず、もう一つ頂く。

しかし、どかっと腰を据えて食べることも出来ず、直ぐに立つ有様だ。









IMGP1923_R.jpg 蓼科山


北横岳の山頂も賑わっていた。

狭い山頂に20人前後はいたと思う。

ここも直ぐに退散だ。









IMGP1931_R.jpg 
白駒池までの時間を考えると最短コースで戻るのが一番となった。









IMGP1938_R_201509130523008ce.jpg 
山頂駅から出逢いの辻まで戻り、麦草峠へ上がる。

何も変化のない道だが、それが最も短い。









IMGP1974_R.jpg 
ベンチのあるオトギリ平で再び昼食にした。

残っているおにぎりは一つだけだが、温かいみそ汁と共に落ち着いた雰囲気で食べられた。

誰もいない静かな場所がやはりお似合いだ。









IMGP1978_R.jpg 駒鳥の池


麦草峠に茶水池という池があるが、ここも池の水が茶色だ。

峠の公衆トイレの水が茶色だったので、これで納得する。









IMGP2000_R.jpg 苔の森


ここにきて飲料水があとわずかになってしまう。

がぶがぶ飲みたいところだが、我慢してチビチビしながら飲み続けることにした。

それに力が入らない。

お腹が空いてきたのかフラフラだ。









IMGP2006_R.jpg 青苔荘


メニューを見れば食事もできる。

しかし、時間が遅くなるだけなので、下山してコンビニまで我慢しようと思う。

山は値段が高いから・・・









IMGP2032_R.jpg 
白駒池を周回する予定でいたが、時間切れと水と食糧切れで止めることにした。

湖畔から眺めれば、まだそれほど紅葉もしていない。

それに疲れも溜まってきた。









IMGP2036_R.jpg 
今朝は天狗を往復して白駒池へ下って来るというコースも考えてみたが

去年の6月ごろに高見石とニュウを歩いているので気が進まなかった。









IMGP2046_R.jpg 
白駒池は紅葉を期待して来た訳でもないが

どことなく落ち着きのある風景に触れて見たいと思ったしだいである。









IMGP2050_R.jpg 白駒池


これから再び麦草峠へ戻らなければならない。

飲料水も食糧も底をついてしまった今は早く駐車場まで戻りたいと思うだけだ。









IMGP2057_R.jpg 麦草ヒュッテ


やっと戻った。

これでコンビニまで車を走らせれば水も食料も手に入る。

という事で、佐久の街まで下って無事に水分補給と食糧を調達することができた。

そして、街道のコスモスを眺めながら内山峠を越える。



スポンサーサイト
Trackback(-) comment (5) | 山さんぽ
comment
ミモザ #-
こんばんは、あんぱんさま、北八ヶ岳、茶臼、南八ヶ岳、雄大な景色と水辺の景色、美しい深山の苔むした木々、キノコ、じっくり、拝見しました、素敵な写真ありがとうございます、雨ふりの多い天気、久しぶりの秋晴れで、嬉しいです。
2015/09/22(火) 22:03:01 | URL | edit
あんぱん #-
おはようございます、ミモザさん。日に日に秋らしくなってきましたが、既に稲刈りはお済ですよね。先週から新米が届いたので食べ始めました。秋は栗にサツマイモにキノコ。それと紅葉狩りに温泉でしょうか。そんな、夢のような秋を勝手に想像しています。
2015/09/23(水) 05:04:51 | URL | edit
ミモザ #-
こんにちは、あんぱんさま、おかげさまで、稲刈りも、済みました、新米、美味しいですね、日に日に、秋が、深まる、栗🌰に、さつまいも、秋は、美味しいものや美しい紅葉を愛でながら、温泉も、いいですね。秋の七草や鈴虫たちの音色、お月見🐰🎑🍶も、いいですね。いつも、素敵な写真、ありがとうございます、登山をしてこそ、えられる、風景、幸せをわけて、いただき、嬉しいです。
2015/09/23(水) 15:06:20 | URL | edit
ミモザさんへ
あんぱん #-
秋から冬にかけて、空気が澄んできますと山の壮大な風景が広がるんですよ。その季節になると、やはり富士山が見たくなりますよね。白い富士山が。。。
2015/09/24(木) 05:11:57 | URL | edit
ミモザ #-
こんばんは、あんぱんさま、秋から冬の冠雪した、富士山、すてきですね。四季を通じて、魅力的な、景色とその場所でしか、見ることのでかきない、出来事など、いつも、素敵な写真ありがとうございます。清々しい山々からの展望、お花の写真、水面に、映し出される山々、紅葉、癒されます。
2015/09/24(木) 21:41:14 | URL | edit
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
あんぱん