• RSS1.0
  • RSS
  • Admin
  •                                     <四季折々の山と花の風景>
2015/09/22 (火) 23:07:09

静かな山間に暮らすのどかな山村風景を訪ねて

IMGP2307_R.jpg 
秋晴れの続くシルバーウィークはのどかな里山の山村風景を訪ねることにした。貴重な一日だけにのんびりと過ごしたい、そんな気持ちだ。あてもなく、ただぶらぶらと歩くのもメリハリがないので、歩くコースは一応考えてみた。まずは、西吾野駅を下車してから、高畑へ行き、その時の気分で滝めぐりをしながら高山不動尊へ立ち寄る。そして、八徳へ下って風影へ登り、顔振峠から間野へ下って、ユガテを経由しながら武蔵横手駅へ下山する予定とした。いつもなら尾根通しに歩くが、今回は集落と集落をつなぐ山道を歩いてみようと思う。









IMGP2184_R.jpg 
西吾野駅を下車したのは7~8人だった。

この駅で下車した場合、だいたい高山不動尊に立ち寄って関八州見晴台がお決まりかもしれない。

高畑から入ったが、滝めぐりは次回にして先を急ぐ。









IMGP2185_R.jpg 
高山不動尊の境内はまだ静かだ。

誰もいない。









IMGP2187_R.jpg 
高山不動尊は本堂の前の石段を下りると、樹齢八百年と言われる大イチョウがある。

幹回り10mは埼玉県の天然記念物らしい。









IMGP2195_R.jpg 
関八州見晴台へ行って展望を確かめたいところだが、高山不動尊から一端、八徳まで下る。









IMGP2209_R.jpg 
そして、八徳へ下りしなに「虚空蔵山まで8分」という道標が見につき、駆け上がってみた。









IMGP2212_R.jpg 
すると、虚空蔵山の山頂から展望はないが、高山不動尊の赤い屋根が確認できた。









IMGP2214_R.jpg 
下った八徳集落周辺には、まだ秋海棠が咲き誇っている。









IMGP2235_R.jpg 
しばらくは点々と集落が続く傘杉峠方向へ進んだが

耕運機で畑を耕す方を発見した。









IMGP2246_R.jpg 
段々畑の畦道に咲く花を撮らせてほしいと、その畑仕事をする方に申し出た。

すると、「どうぞ、どうぞ」と気持ちよく了解してもらう。









IMGP2255_R.jpg 
桜の木の下にはベンチが置かれ、まだそれほど歩いてもいないが

この辺りで昼ご飯にしようと決め込んだ。









IMGP2262_R.jpg 
そのベンチに腰を下ろし、のどかな風景を眺めながら

静かにおにぎりを食べ始めた。









IMGP2268_R.jpg 
既に耕運機は軽トラへ載せて帰ってしまったので

そよ風に吹かれながら、のどかな世界をベンチで味わいながら昼時を過ごした。

そして、食後は予定のコースへ戻り、顔振峠を目指す。









IMGP2302_R.jpg 
山腹を歩いて顔振峠へ着いたが、いつも立ち寄る峠の茶屋は閉まっていた。









IMGP2322_R_201509230412299c3.jpg 
その茶店は山の斜面が庭園になっているので静かに入ってみる。

すると店の主が庭園で休憩中だった。

話を伺えば、お手伝いがいないので、今日は店を休んだという。
 
そして、ここもお願いして広い園内を独り占めで散策する。









IMGP2316_R.jpg 
顔振峠には車で立ち寄る方もいて大賑わいである。

そんな方達を横目に再び下山し

次はユガテに向かった。









IMGP2339_R.jpg 
あと30分も歩けば東吾野駅へ出られる場所からユガテに上がる。

しかし、ここまで来ると巾着田の曼珠沙華で混雑するであろう電車は避けたいところだ。









IMGP2345_R.jpg 
静かな山道を探し求め、北向地蔵から鎌北湖へ下った。

ここまで下山すると最寄駅は毛呂駅か武州長瀬駅となる。









IMGP2350_R.jpg 
収穫された田畑を眺め、最も近い武州長瀬駅まで歩き続けた。

地図によれば武者小路実篤記念美術館のある新しき村へ行けばいいようだが

道標も少なく、しだいに迷路へ入り込んでしまった感じだ。









IMGP2356_R.jpg 
しかし、歩いていても中々訪ねる人も見当たらない。

たまたまランニング中の方に声を掛けて道を訪ねる。

そして、今度は農作業中の方に大声で訪ねたり、散歩中の方にも訪ねたり

行く先々で道を訪ねて、やっと駅へたどり着いた。

その頃には既に日は落ち始め、冷たいコーラをほぼ一気飲みで飲み干し、一日が終わる。



スポンサーサイト
Trackback(-) comment (3) | 山さんぽ
comment
ミモザ #-
こんばんは、あんぱんさま、里山の風景、いいですね、稲刈りの終わって、秋の収穫に、感謝して、八百万の神様に、神社の祭礼、実家に、向かう途中、神社の前で、なつかしい、縁日、あんぱんさま、縁日の思い出のエピソードが、ありましたら、ぜひ、教えてください。里山の風景、ありがとうございます。
2015/09/28(月) 18:25:25 | URL | edit
縁日ですかぁ~
あんぱん #-
こんばんは、ミモザさん。縁日ですか~、お祭りの懐かしい思い出は夜祭に龍勢ですかね。秩父は奇祭と言われるぐらい、変わったお祭りが多いですよ。毎月、どこかでお祭りをしている位ですから。甘酒祭りに鉄砲祭りは見たいところです。
2015/09/28(月) 21:34:31 | URL | edit
ミモザ #-
こんばんは、あんぱんさま、縁日の思い出ありがとうございます、夜祭り、龍勢、甘酒まつり、お祭りの多い地域、いいですね、秩父市の夜祭りの冬の花火も、すてきですね。
2015/09/28(月) 23:18:41 | URL | edit
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
あんぱん