• RSS1.0
  • RSS
  • Admin
  •                                     四季折々の山と花の風景
2015/10/10 (土) 23:07:12

それでも黄葉が楽しめた角間山と湯の丸山

IMGP3087_R.jpg 
青空の映える黄葉を満喫したいと考え、選んだ山が角間山だった。ここは湯の丸山や烏帽子岳で度々訪れているが、角間山となるとそれほど意識もしていなかった山だ。遠からず近からず、そこそこ展望があって、秋を手軽に味わえる山、そんなイメージで出掛けた。鍋蓋山や棧敷山にも興味があったが、見慣れた風景に飽きてしまい、早々に駐車場へ戻り帰宅する。それに、思った以上に天気は悪く、風も冷たくてハイキング日和とはいかなかった。









IMGP3098_R.jpg 
たぶんこの時季の湯の丸はじめてだと思う。

車窓から眺めるカラマツの黄葉や白樺の風景が印象深い感じだ。









IMGP3111_R.jpg 
車は地蔵峠と鹿沢温泉の中間地点に新しく造成されたばかりの駐車場へ停めた。

本来なら角間山登山口近くに、と思ったが、周回することを考えるとここで良かったかもしれない。

しかし、車道歩きが多少必要となる。









IMGP3125_R.jpg 
計画では「雪山讃歌」の碑がある登山口から登る事を考えていたが

急遽変更して、湯の丸牧場から角間峠へ向かう。









IMGP3128_R.jpg 
角間山は烏帽子岳や湯の丸山と違い、人も少なく、静かな山の雰囲気が楽しめる山らしい。

湯の丸牧場へは林道歩きから始まったが、山腹に広がる白樺林、そして、黄葉した木々が信州らしい景観を見せてくれる。









IMGP3150_R.jpg 
この山域は道標もしっかりしているので安心だ。

角間峠から笹原を緩やかに登ればじきに角間山の山頂だった。

空模様は薄曇りの生憎の天気になってしまう。









IMGP3169_R.jpg 
山道からはみるみるうちに展望が開けて、秋色の山肌が目に飛び込んでくる。

そして、山頂直下の樹林帯を数m登れば露岩帯から見渡せる風景に、穂高、後立山の山容が目を惹く。









IMGP3202_R.jpg 
角間山の山頂ではパンを頬張り、休憩に入った。

しかし、風が冷たいので長居はしたくない。

それに、鍋蓋山を往復することも視野に入れていたが、かなり下る様子なので

諦めて角間峠まで戻ることにした。









IMGP3207_R.jpg 
角間山からの下りしなに単独者とスライドする。

同じような山の志向なのだろうか、言葉を交わすこともなかったが、挨拶だけはしっかりした。

そして、湯の丸山頂までこの方以外に、誰一人として出会う事はない。









IMGP3216_R_201510102111128ea.jpg 
角間峠からは尾根歩きが続く湯の丸山へ向かったが

角間山の山頂よりも更に展望が開ける。









IMGP3232_R.jpg 
尾根の途中にはガレ場の見晴台があり、目の前の渓谷へ紅葉した風景が垂れ下がっていた。









IMGP3240_R.jpg 
しかし、ここの見晴はすこぶるいい。

知っているだけでも乗鞍から槍ヶ岳と鹿島槍に唐松岳、白馬岳に剱までがずらっと並んでいる。

それに、妙高に火打の頸城山塊までが薄っすらと見えていた。









IMGP3268_R.jpg 
振り向けば先程の角間山に鍋蓋山、その奥には根子岳に四阿山と草津白根が…









IMGP3289_R.jpg 
その他、湯の丸の北峰からは浅間山に篭ノ登辺りが眺められる。









IMGP3290_R_20151010211205258.jpg 
それとは別の南峰からは目の前に烏帽子岳が近い。









IMGP3296_R.jpg 
湯の丸の山頂にはハイカーが6~7人がいたが、寒い為か風を避けて岩陰に隠れながら腰を下ろしている。









IMGP3298_R.jpg 
烏帽子まで足を延ばしても変わり映えのない風景では気が進まない。

そこで、棧敷山にでも立ち寄ってみようと八ヶ岳を眺めながら下山する。









IMGP3307_R.jpg 
これから登ろうとする棧敷山が左端に見えてきた。









IMGP3308_R.jpg 
久し振りの湯の丸山だが、展望と手軽さがいいのか下山途中で3~4グループの集団とすれ違う。

それも年金生活らしき方達ばかりで、活気もなく、よろけて転んでしまう方もいた。









IMGP3311_R.jpg 
麓ではカラマツの黄葉が見事だ。









IMGP3331_R.jpg 
つつじ平まで下がって来ると酒盛りをしているグループがいる。

男女4人のジジババ達だが、ちょっと静かにしてほしいと思う程の賑やかさだった。









IMGP3363_R.jpg 
そんな賑やかな場所に東屋があり、そこで昼食にした。

これから登る棧敷山に向けて力を付けようと思う。









IMGP3364_R.jpg 
食後は温かいコーヒーを頂、棧敷山登山口まで更に下る。

車道を交えながら遊歩道を下ったが、駐車場に停めたマイカーが見えたので、棧敷山はあっさり諦めてしまった。









IMGP3365_R.jpg 
今日の天気と寒さを考えれば棧敷山はどうでもよかった。

それに、白樺林も期待したほどでもなく、早目に切り上げる気持ちに心変わりしてしまう。









IMGP3374_R.jpg 
今日は少々軽めのハイキングではあったが、黄葉は狙い通りで、ちょうど見頃だった。

そして、道の駅でお土産に「りんご」を買い求め、帰路につく。




スポンサーサイト
Trackback(-) comment (2) | 山さんぽ
comment
ミモザ #-
こんばんは、あんぱんさま、湯の丸山の秋の紅葉が、美しいですね、カラマツの林も、秋の雰囲気が、いいですね。リンゴといえば、とき、秋映、シナノスイートも、美味しいですね。あんぱんさま、お土産に、選ばれのは、ふじでしょうか?
2015/10/21(水) 23:37:28 | URL | edit
あんぱん #-
こんばんは、ミモザさん。
たぶんシナノだと思いますよ。『甘くておいしいリンゴ下さい』って買いましたから。食べてみたら、とてもジューシーで甘かったですよ。しゃきしゃき感があって美味しかったです。
2015/10/22(木) 21:11:09 | URL | edit
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
あんぱん