• RSS1.0
  • RSS
  • Admin
  •                                     <四季折々の山と花の風景>
2015/10/12 (月) 23:08:10

紅葉が見頃の谷川岳へ

IMGP3389_R.jpg 
三連休の最終日には友達に誘われて谷川岳の紅葉見物へ出掛けた。青空の広がる好天に恵まれ、天神尾根は紅葉狩りのハイカーで山頂までず~っと渋滞だった。まるで歩行者天国とか、年末のデーパートみたいな感じだ。小さな子供から高齢者まで大賑わいである。調子よく歩いているかと思えば、前が支えて立ち往生するようなこともしばしば。どちらかと言えば、待ち時間の方が長かったかもしれない。それに、肩ノ小屋では長蛇の列がトイレ前にできていた。そんな事で、どこまで登山者がごった返しているかと思えば、オキノ耳の先まで続いていた。









IMGP3395_R.jpg 
朝の高速道路は渋滞もなく、順調に土合へ着いた。

ロープウェイでも待ち時間がなくスムーズに天神平まで上がる。









IMGP3397_R.jpg 
出だしは順調そのものだった。

しかし、天神尾根を歩き出すと、直ぐに渋滞になってしまう。









IMGP3420_R.jpg 
渋滞の中では待ち時間も長く、イライラしてしまったが

ここは諦めて周囲の方達と歩調を合わせ、渋滞の波に乗ることにした。









IMGP3443_R.jpg 
今日は風もなく穏やかな絶好のハイキング日和である。

ロープウェイの下は紅葉もいまいちだったが、標高を上げればしだいに色付きも良くなってきた。









IMGP3447_R.jpg 
紅葉は熊穴沢ノ頭辺りが丁度見頃で、錦秋に染められた山腹が見応え十分だ。









IMGP3456_R.jpg 
そして、トマノ耳の山頂も当然登山者で溢れている。

記念写真も順番待ち

前に進むのも順番待ち









IMGP3477_R_20151013051218975.jpg 
昼頃になると雲が出始め、目の前に見える笠ヶ岳、朝日岳も雲の下だ。









IMGP3480_R_20151013051219bb5.jpg 
トマノ耳に続いて、オキノ耳へと進む









IMGP3486_R.jpg 
陽が陰ってくると草紅葉の彩りも落ちてしまうが、上越の山々を眺め、広い眺望に見入る。









IMGP3497_R.jpg 
昼ご飯は山道脇の岩場に陣取って座った。

風も冷たく感じ、温かい飲み物がとても美味い。









IMGP3512_R.jpg 
登山者がどこまで続いているのか、更にこの先へ行ってみる。









IMGP3519_R_20151013051256537.jpg 
すると一ノ倉、茂倉を望めるこの場所で登山者は途切れていた。









IMGP3527_R.jpg 
そして、遠方の大源太、巻機、清水峠、中ノ岳辺りを眺め

ザックを置き去りにした先程の場所へ戻る。









IMGP3535_R.jpg 
食後は再び渋滞に巻き込まれながら下った。









IMGP3538_R_20151013051318b86.jpg 
午後からは雲行が更に怪しくなり

山の天気の急変は思った以上に早い。









IMGP3552_R.jpg 
そして、紅葉が見頃の位置まで下って来た。









IMGP3562_R_201510130513325e8.jpg 
眼下には錦秋の斜面が広がり









IMGP3568_R.jpg 
色鮮やかな秋に触れることができた。









IMGP3575_R.jpg 
トラバース道から振り返れば、山頂は既にガスの中

これからの季節、あれが雪となり冬となる。

下山後も高速道路では渋滞が続き、行楽日和が渋滞日和となってしまった。




スポンサーサイト
Trackback(-) comment (0) | 山さんぽ
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
あんぱん