• RSS1.0
  • RSS
  • Admin
  •                                     <四季折々の山と花の風景>
2015/10/31 (土) 23:07:35

奥多摩はウトウの頭から天祖山を周回して静かな秋の彩りを味わう

IMGP4903_R.jpg 
そろそろ奥多摩も紅葉がはじまったという。2年ほど前からタワ尾根から天祖山の紅葉を狙っていたので、今年こそはと出掛けてみた。しかし、尾根の上部は既に落葉となってしまい、見頃となっていたのは日原渓谷と山腹だった。期待していたタワ尾根と天祖山は晩秋で、長沢背稜は初冬の様子だ。それでも、秋の彩りを充分に味わい、季節の移ろいを肌で感じた一日だった。車は八丁橋に停めて、オロセ尾根からタワ尾根へ、そしてウトウの頭からタワ尾根ノ頭を経由して天祖山を回って八丁橋へと戻った。ここで思い出すのは天祖山で出会った犬である。食糧を奪われ、必要以上に付きまとわれて酉谷避難小屋へ逃げ込んだ苦い経験があった。









IMGP4772_R.jpg 
2年ほど前に天祖山を訪れたのは確か11月9日だった。

そう思うと今回は10日ほど早い計算だ。

オロセ尾根は下半分が植林で、もう半分は自然林と、とても明るい。

下りに使うつもりでいたが、はやりここはセオリー通り、はじめは登りにした。









IMGP4796_R.jpg 
オロセ尾根の上部は篶坂ノ丸になるが、途中から落葉が厚くなる。









IMGP4798_R.jpg 
ジグを切りながら山仕事道を登り、中間道から直登気味に尾根を登る。

上部は目印となる赤テープも少なく、落葉で踏み跡がない。

とにかく上を目指す。









IMGP4815_R.jpg 
静かな山間に季節の移ろいを感じながら更に登る。









IMGP4831_R_20151101041413353.jpg 
そして、タワ尾根に乗り一息ついた。









IMGP4846_R.jpg 
ここはまるで静寂そのもの









IMGP4856_R.jpg 
行き交う人もいなければ、踏み跡も薄く

まるで別世界









IMGP4880_R.jpg 
積もり積もる落葉を踏みしめ

とても解放感溢れる場所だ。









IMGP4883_R.jpg 
そして、タワ尾根を進んで、ウトウの頭を目指す。









IMGP4885_R.jpg 
ゆっくりと眠りにつくような季節感を味わいながら進み









IMGP4902_R.jpg 
そして、ウトウの頭で再び一息ついた。

ここではパンを取り出して空腹感を解消させた。

すると、酉谷山から天目山を周回するという単独の方がやって来て挨拶を交わす。









IMGP4922_R.jpg 
その後は長沢背稜の山道と交わり、更にこのまま直進した。

タワ尾根ノ頭を経由しながら天祖山へ向かうつもりだ。

ここは縦走路から数分なので好奇心だけで立ち寄る。









IMGP4967_R.jpg 
水松山から天祖山への下りしなに、辺り一面が赤く染まった不思議な場所を見つけ

絨毯のような落葉に思わず足を止める。









IMGP4982_R.jpg 
そして、例の犬に食糧を食べられてしまった、あの思い出したくもない場所に来た。

あれは一息ついて

ザックを開けておにぎりを食べようとした瞬間に藪の中から飛び出してきた。

黒くてやせ細った大きな犬は手に噛みついてきたので、とっさに手を引いた。

すると、ザックが倒れて、食糧を入れた袋が飛び出し、転げ落ちる。

犬はその袋の臭いを嗅ぎまわり、やがて鋭い歯でレジ袋を食いちぎりはじめた。

そんな事で出てきたおにぎりを食べられてしまったという場所だ。

当時は想像もしていなかった出来事に唖然としたことを憶えている。

しかし、今ではあの犬はどうしたのだろうかと、遠い過去の思い出だ。









IMGP4998_R.jpg 
梯子坂ノクビレから登り返して天祖山に着いたが、そこには数十名の団体さんが休憩していた。

距離を開けて静かな場所を選んで腰を下ろし、昼食にする。

そして温かいコーヒーを飲みはじめると、ガスに包まれ、しかたなく下り出す。









IMGP5003_R.jpg 
期待していた天気も回復せず、終始ガスの中を下った。









IMGP5010_R.jpg 
やがて色濃くした木々に囲まれ









IMGP5035_R_201511010416550a8.jpg 
白く立ち込めた山腹が色彩豊かな情景へと変化する。









IMGP5046_R.jpg 
まるで白いキャンパスへ描いたような秋の彩り









IMGP5053_R.jpg 
タワ尾根の上部は落葉状態だったが、山腹は見応え十分な紅葉狩りができてよかった。

一日中パッとしない天気だったが、彩り豊かな秋を満喫した奥多摩である。



スポンサーサイト
Trackback(-) comment (7) | 山さんぽ
comment
ミモザ #-
こんにちは、あんぱんさま、一段と深まる秋の美しい紅葉と木々の美しい風景の写真、嬉しく拝見してます、ありがとうございます、思いでの犬は、よほど、空腹に、耐えかねての事でしょうが、あんぱんさま、びっくりされたでしょう。秋晴れの登山、深紅に、染まる紅葉の絨毯、そして、二色の木々の紅葉も、すてきですね。
2015/11/03(火) 14:25:56 | URL | edit
ミモザさんへ
あんぱん #-
こんばんは、ミモザさん。
こちらこそ、ありがとうございます。山の秋は思った以上に早いと感じました。青空が見られない一日でしたが、それもまた紅葉を撮るには幻想的なものだと思いました。犬は子供の頃に一度噛みつかれたことがあるので、とても苦手なんです。だからあの時はびくびくしていました。
2015/11/03(火) 19:30:37 | URL | edit
ミモザ #-
こんばんは、あんぱんさま、じつは、私も、犬に、噛まれた、事が、あります、つい、苦手に、なりますね、何針か、縫うほど、酷かったです、傷あとは、なくなりました。秋の雰囲気の幻想的な風景と静寂が、いいですね。冬支度の山々は、里山より、格段の早さで、訪れますね。富士山の雪化粧も、秋晴れの日は、とくに、綺麗ですね。昼夜の気温差、あんぱんさま、風邪に、お気をつけください。
2015/11/03(火) 20:52:00 | URL | edit
ミモザさんへ
あんぱん #-
おはようございます。秋の訪れも身近な場所まできているようですね。毎年、この時季になると鎌倉へも行ってみたいと思ってしまいますが、なかなか行けません。庭のダイコンもだいぶ大きくなりました。それに、柿も美味しく食べています。そろそろ初霜の知らせを耳にする頃です。どうぞ、ミモザさんも風邪に気を付けて下さい。
2015/11/04(水) 05:20:35 | URL | edit
ミモザ #-
こんばんは、あんぱんさま、家庭菜園の大根、美味しそうですね、煮物、おでんにも、いいですね。柿は、今年は、豊作のようで、種無し柿や次郎柿やふゆ柿も、美味しいです、まだ、早いかなと、思いつつ、きのうは、お雑煮をつくりました。あんぱんさま、お雑煮は、お好きでしょうか。
2015/11/06(金) 23:18:08 | URL | edit
雑煮ですか
あんぱん #-
おはようございます。ミモザさん。お雑煮は嫌いでもなければ、好きでもないんですよ。どちらかと言えばあんこの入った丸い餅が好きですね。それもこしあんがいいです。だからおしるこは大好きですよ。ぜんざいとかおはぎも好きですね。当然あんぱんも好きですよ。昨日はウグイスパンに白あんぱんでした。V^^V
2015/11/08(日) 07:31:25 | URL | edit
ミモザ #-
こんばんは、あんぱんさま、そうですか、お餅、あんこ入り、大福餅やあんぱん、ウグイスぱん、白あんも、私も、甘党なもので、大好きです、塩豆大福餅や白玉あんみつも、いいですね。あんぱんさま、和菓子の季節感を出した、細工も、いいですね。
2015/11/09(月) 21:48:07 | URL | edit
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
あんぱん