• RSS1.0
  • RSS
  • Admin
  •                                     四季折々の山と花の風景
2015/11/28 (土) 23:17:38

初冬の丹沢は青根から蛭ヶ岳と袖平山へ

R0000580_R.jpg 
雨模様の日が続き、標高の高い山ではおそらく雪だろうと考えていた。そこで、快晴が予想される土曜日には展望の良い山を選んで、久し振りに丹沢へ行く事にした。今回の目的は蛭ヶ岳から富士山を眺めることと、下山途中に袖平山と新しく建替えられた黍殻避難小屋へも立ち寄ってみることにする。蛭ヶ岳は青根登山口から登りはじめるが、ここは駐車可能台数が少なく、早朝に着く事が条件で家を出発した。すると案の定、予想通りだった。到着するや否や、瞬く間に満車となってしう。塩水橋からも検討したが、今日は登山者が少ない静かなコースを選び、山頂から真っ白な富士山を眺めることを考え、初冬の丹沢へと出掛けた。









R0000494_R.jpg 
林道のゲート脇の駐車スペースはせいぜい5台が限度だろう。

そこへ三番手で到着したが、その後、数分で満車になってしまった。

しかし、もう少し下の林道脇にも停められるが、そこもたかだか5~6台と言ったところだ。

やがて白んでくる頃、林道を歩き出して八丁坂ノ頭を目指す。

そして、先発の単独者を追いかけるが、しだいに小さくなり視界から消えて行く。

やがて、大岳山や生藤山が遠望できるところで一息いれた。









R0000500_R.jpg 
東海自然歩道でもある丹沢主脈へ出れば眼下に高取山に仏果山、それに経ヶ岳、その奥に相模原の街並みが広がる。

東海自然歩道とは、高尾と大阪の箕面を結ぶ約1,700km もの長距離自然歩道らしい。

その全行程の最高標高点1、433mが姫次の手前にあった。









R0000504_R.jpg 
姫次ではだいぶ白くなった富士山を眺め、休憩するかどうか迷ったが先を急ぐ。









R0000510_R.jpg 
しかし、先を急いでも見晴らしが良く、要所要所で立ち止まってしまう。

その度に山座同定をするが、未踏の山が多く、名前すらも分からない。









R0000534_R.jpg 
やがて標高が上がるにつれ、展望が広がり南アルプスの白い山並みが見え始める。









R0000538_R.jpg 
折り重なる山並み、雲一つない青空、山の冥利に尽きるというところだろうか。









R0000549_R.jpg 
そして、蛭ヶ岳山頂へ到着すれば、登山者はまだ3~4人で安堵する。

何故なら静かにここから富士山を眺めたかったからだ。

南に伊豆大島、白い噴煙を上げる大涌谷と金時山辺りを眺め









R0000553_R.jpg 
大展望の場所で早昼でもと思っていたところ

15名ほどのパーティがやって来て、何やら騒がしくなってしまった。









R0000562_R.jpg 
その15名ほどのパーティは山小屋へ泊ったらく、焼山経由で下山するらしい。

ツアーなのかガイドらしき方が大声で山座同定をしてくれたが

この場を逃げる事にして腰を上げる。









R0000577_R.jpg 
そして、東へ移動して小屋の前に広がる街並みを眺め、ここで静かに食べ始めた。

筑波山、房総半島、新宿副都心、横浜のビル群、八王子市内、それに男体山を遠望し

至福の時間を過ごす。









R0000583_R.jpg 
奥多摩、奥武蔵、高尾、それに歩いて来た丹沢の山筋を眺め

蛭ヶ岳の好展望に酔いしれる。









R0000594_R.jpg 
次々に山頂へやって来るのはトレランの方が多かった。

のんびりとコーヒーを頂き、快晴の眺望に浸っているが、早々に下山開始だ。









R0000595_R.jpg

山頂には先ほどの賑やかなパーティはいない。

静かに見入って初冬の風景に別れを告げ、姫次へ向かう。









R0000597_R.jpg 
それでも、自然と足取りは先に進まず、度々振り返る。









R0000602_R.jpg 
そして、名残惜しい思いを断ち切り









R0000624_R.jpg 
山頂から階段を下るが、目の前に広がる景色に足止めされながら更に下る。









R0000625_R.jpg 
そして、何人もの方とすれ違いながら姫次へ来たが、蛭ヶ岳山頂で出会った賑やかなパーティが昼食中だった。

そこで、すぐさま袖平山へ足を向ける。









R0000633_R.jpg 
整備された東海自然歩道を進めば、蛭ヶ岳を横に仰ぐことができ









R0000637_R.jpg

自然歩道から一足高い袖平山の山頂へ腰を下ろし、再び休憩する。

そして新築された黍殻避難小屋を見学し、下山した。

かれこれ7~8年ぶりに訪れた蛭ヶ岳

今日は気持ちの良い時に再訪できた一日だった。



スポンサーサイト
Trackback(-) comment (4) | 山さんぽ
comment
ミモザ #-
こんばんは、あんぱんさま、季節は、巡りますね、蛭ヶ岳、袖平山からの富士山、房総半島や筑波山、新宿まで、素晴らしい景色、ありがとうございます、今までのお話しも、じっくり拝見しました、紅葉🍁も、美しい写真ありがとうございます、快晴の富士山を目にする度、初冬の訪れと、何ヵ月後の春先のあんぱんさまの福寿草や岩うちわ、カタクリのお花たちを心待ちに、してます。1年早いものですね。
2015/12/11(金) 23:29:46 | URL | edit
ミモザさんへ
あんぱん #-
おはようございますミモザさん。とんでもありません、こちらこそありがとうございました。冬は咲く花も少なくなってしまいましたが、来月にもなれば蝋梅も咲きはじめ、早春の花の咲く季節がまた楽しみのひとつです。ところが先週から腰痛が激しく、家から一歩も出られない状態でした。何をするにも痛くて毎日毎日テレビが友達です。一週間たった今、やっとリハビリができるようになり、少しずつ散歩しなければ山登りは無理のようです。早く山へ行きたいです。
2015/12/12(土) 06:01:35 | URL | edit
ミモザ #-
こんにちは、あんぱんさま、腰痛つらいですね、どうか、無理なさらず、お体、ご自愛ください、きのうは、風雨が、激しく、今日の天気は、晴天で、富士山も、綺麗に、見えました。年の瀬も、間近、来月も、また、ロウバイ、日本水仙などの香りのよい、お花も、待ち遠しいですね。
2015/12/12(土) 15:28:12 | URL | edit
ミモザさんへ
あんぱん #-
ありがとうございます。今週末も自宅療養でした。まだまだ調子が出ません。リハビリも我慢比べです。
2015/12/12(土) 18:36:38 | URL | edit
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
あんぱん