• RSS1.0
  • RSS
  • Admin
  •                                     四季折々の山と花の風景
2015/12/18 (金) 23:42:52

奥武蔵の一本杉峠から桂木観音でリハビリをはじめてみたが…

R0000790_R.jpg 
今月の3日からぎっくり腰で自宅療養を余儀なくされていた。こんなことは今までに一度も経験がなかったので直ぐに治るだろうと考えていたが、痛みがしだいに増してきて歩くことも出来なくなってしまう。レントゲンでも骨には異常はなく、湿布を腰の前に横に後ろに貼る日々を送る。療養中はただひたすら横になるだけで、テレビが唯一の楽しみ。寝る事、食べる事、テレビの前に横になる事の毎日だった。そんな生活も先週あたりから徐々に改善され、今日は久し振りに歩いてみることにした。どこまで歩けるのか不安はあるが、携帯電話が繋がることを条件に最低限度の装備で出掛けた。









R0000792_R.jpg 
自宅から最も近い山域が奥武蔵だが、今日は東毛呂駅を下車して、一本杉峠を目指した。

リハビリを兼ねてのハイキングということで車道歩きが大半なので少々退屈になる。

まずは無理をせず、マイペースで歩く事、その事に専念した。

約3週間ぶりのお出掛けで、気持ちはワクワク、ソワソワ、身体は渋々、日中の温かい時間帯に行動開始だ。









R0000813_R.jpg 

獅子ヶ滝から十二曲峠へ上がるが、その前に石尊山へ立ち寄ってみた。

標高225mの山頂には三角点と目の前に広がるゴルフ場、それに東京スカイツリーが見渡せた。









R0000814_R.jpg 
八坂神社までは静かな山村風景が広がり、ゆずの産地らしく無人販売所には一袋100円のゆずが大量に置かれていた。

そして、獅子ヶ滝に立ち寄り、その数百m先の山道から一本杉峠を目指す。









R0000817_R.jpg 
山道は落葉で埋め尽くされ、歩くたびにザクザクと鳴り響く音色がとても心地良く

冬枯れした里山の静けさが伝わる。









R0000825_R.jpg 

そして、目的の一本杉峠へ到着する。

ここまでは大きな痛みも感じられず無事歩く事ができた。

この調子なら特に問題なく桂木観音まで行けるだろうと考えた。









R0000839_R.jpg 
次の目標は鼻曲山にして歩き出した。

するとどうだろうか

小刻みに稜線がアップダウンする。

その繰り返しで膝と腰に負担が掛かり、痛みが出始めた。









R0000840_R.jpg 
大事に至らず何とか鼻曲山まで歩き通す事が出来、まずは腹ごしらえを兼ねて大休止した。

そして、これほど体力が落ちている事と、腰への負担が予想以上に大きい事に気付かされる。









R0000845_R.jpg 
山を歩ける嬉しさと、腰への不安が交互に思い浮かび、気持ちは複雑だ。

しかし、焦らず、無理をせず、今日はマイペースで歩く事だけを考え、陽だまりハイクを楽しむことにする。









R0000855_R.jpg 
そして、最終目的地である桂木観音へ到着した。









R0000857_R.jpg 

冬晴れで空気が澄んでいるのだろう。

桂木観音から東京スカイツリーや都心のビルが良く見渡せた。

やや遅めの昼食をここでゆっくり食べ、コーヒーを頂いて、最寄駅へ向かう。









R0000866_R.jpg 
桂木観音から眺めて、東京スカイツリーの左横に大量の煙が上がっていた。

火事だと思っていたが、翌日に調べてみれば

船橋で発生した野積みされた廃棄物の火災であったらしい。









R0000874_R.jpg 

それから越生ハイキングコースをなぞり、腰を押さえながら武州唐沢駅へ無事下山した。









R0000876_R.jpg 
その後はいつもの整骨院へ立ち寄り、ハイキングをした様子を相談する。

思うに

完治するのはまだまだ先の事のようだ。

痛みを気にせず歩ける日は来るのだろうか

不安は残るが、今は養生するのが一番かも知れない。


スポンサーサイト
Trackback(-) comment (2) | 山さんぽ
comment
やりましたよ~(^^;
トムラウシ #-
あんぱんさん、ご無事でご帰宅何よりです。
私もやりましたよ~ぎっくり腰。3年前の8月、キリマンジャロ出発の3週間前。
朝目覚めたら起きられないんです。で、気合いいれて起きようとしたら…魔女の一鞭とは良く言ったものです。
ちなみに、いつの間にか完治しました♪
痛いときは無理をしないのが一番♪
どうか気長にお付きあい下さい。
(*^-^*)
2015/12/19(土) 12:34:43 | URL | edit
トムラウシさんへ
あんぱん #-
こんばんは、トムラウシさん。
励ましのコメント、いつもありがとうございます。キリマンジャロのとき…。そう言えば、痛いというような事をお話していたような記憶があります。それでも、よく6,000m近い山頂まで登ったと感心していました。
痛いですよね、腰。はたから見たら怠け者のように見えますが、とにかく動かさないのが一番のようですね。でも、そうもしていられない性分で、我慢しきれずにハイキングへ出掛けたという次第でした。
トムラウシさんの言う気長に完治するのを待ちたいと思います。ありがと~う、ござました。^^
2015/12/19(土) 18:08:23 | URL | edit
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
あんぱん