• RSS1.0
  • RSS
  • Admin
  •                                     <四季折々の山と花の風景>
2016/01/11 (月) 21:10:53

麦原から大平尾根を経由して大築山と上谷の大クスを歩き、越生梅林で梅の花を愛でる

 R0000264_R.jpg

ときがわの巨木めぐりをした際に、上谷の大クスは時間切れで訪れることができなかった。そこで、三連休の最終日には半日コースを歩くことにした。越生駅からバスに乗車し麦原入口で下車する。そして、羽賀山から飯盛峠への大平尾根を登り、大築山を経由して上谷の大クスへ降りようと考えた。帰りは越生梅林へ立ち寄って、のんびりとぶらぶらしながら帰ろうと思う。









R0000188_R.jpg 

戸神の集落を歩きはじめると羽賀山と飯盛山への道標が出てくるので

山道へはいたって簡単に入ることができた。









R0000193_R_20160112204051ceb.jpg 
羽賀山を過ぎ、山吹林道へ出る手前に、都心方向が眺められる広場があったが

そこは高層ビルやスカイツリーも望める好展望地である。

アマチュア無線をされている方がいたが、何やら忙しそうに交信していた。









R0000199_R.jpg 
続いての好展望地は野末張見晴台で

ここは林道の脇にあるので車でも訪れることができるようだ。

日光、赤城方面の見晴らしが良く、しばらく冬晴れの風景に見入る。









R0000209_R.jpg 
正直、これほど展望が良いとは思ってもいなかったので

低山なれど楽しい発見をしたような気分だ。









R0000221_R.jpg 
飯盛峠には上がらず、すぐさま大築山への尾根を下り始めた。

そして、しばらく尾根通しに歩けば椚平が一望できる展望場所へ出た。

巨木めぐりで歩いた事を思い出しながら眺め、親しみを感じる山村風景に立ち止まる。









R0000229_R_20160112204143209.jpg 
大築山からはそれほど眺望が良くないが

飯盛山をはじめ、ブナ峠付近の地形が良く判る。









R0000238_R.jpg 
大築山には戦国時代に城があったという。

小さいながらもその面影が偲ばれる空堀の跡があった。









R0000240_R.jpg 
山頂からは目と鼻の先に弓立山の山容が望まれた。

猿岩峠までは強引に尾根通しに下って来たが、この先は山道を歩く事にする。









R0000249_R.jpg 
あじさい山方面の展望が良いという事で、もろどの郭へ立ち寄ってみる事にした。

そこからは大高取山が眺められ、ベンチに座って昼食にする。

すると自転車の中年男性3人組がやってきた。

なんでも、尾根を下っているだけだという。

ただ下るだけで、下に車を1台置いているので登ることはなさそうだった。









R0000261_R.jpg 
大築山を降りてからは竹林のトンネルを進んで広見越へ向かうが

その前に三猿が彫られた庚申塔を探しに一端集落へ下った。









R0000268_R.jpg 
広見越峠には三面六臂の馬頭観音の石像が傍らに立ち

奥武蔵の名刹慈光寺へ向かう古道の静かな歴史を感じる。









R0000275_R_20160112204225fe1.jpg 

そして、六万部塚を経由して上谷の大クスへ下山した。

樹齢千年以上というから、その風格は堂々たるものだ。

しばらくは間近でその巨大な威容を仰ぎ見る。









R0000187_R_2016011220405008c.jpg

大クスの巨木を十分に眺めた後は藪に入り、最短距離で集落へ出た。

国土地理院の地図には道が記されているが、既にその道は使われなくなってしまい、藪と化してしまったようだ。









R0000297_R.jpg 
越生梅林へ向かう途中で大菅の地蔵尊に出合う。

ここは坂東三十三ヶ所のひとつ、慈光寺へ参拝する為の歴史を感じる古道だ。









R0000298_R.jpg 
ぶらぶらと道草をしながら帰ることにするが

武蔵越生七福神めぐりのひとつ、最勝寺へ立ち寄ってみた。

紅梅が満開となり、春の訪れを感じる。









R0000323_R.jpg

まだ一月だと言うのに越生梅林も梅が咲きだし、冬の気配がまったくない。

そして、駅まで歩くつもりでいたが、バスの発車時刻が都合良く、再びバスに乗車して帰宅した。

今日は春めいた里の様子にびっくりだ。

スポンサーサイト
Trackback(-) comment (3) | 山さんぽ
comment
ミモザ #-
こんばんは、あんぱんさま、冬の澄んだ空気の羽賀山から大築山からの展望、ありがとうございます、晴天と山々が、織り成す美しい風景、そして、石仏と春を告げるお花たち、香りのよい日本水仙、華やかな、越生梅林の紅梅、最勝寺の境内の紅梅も、濃い色で、素敵ですね、上谷の大クスの古木、樹齢千年以上ですか、御神木のような、風格、楽しく、拝見しました。まだまだ、寒いですが、徐々に、春の息吹きを感じます。
2016/01/23(土) 20:12:47 | URL | edit
ミモザさんへ
あんぱん #-
こんばんは、ミモザさん。先日の雪はどうでしたでしょうか。こちらはまだ道路の片隅に雪が残っている状態ですよ。近くの山々も白く、まだ雪がたくさん残っているようです。降ったのは確か月曜日でしたね。通勤途中で、集団登校する児童達に会いましたが、歩いていると楽しい会話が聞こえてきましてね。「雪って、いいよね、楽しいよね」っていう話を聞いて、思わず微笑んじゃいました。子供の頃の自分を見ているようでしたね。
2016/01/23(土) 20:29:41 | URL | edit
ミモザ #-
こんにちは、あんぱんさま、月曜の千葉の雪は、早朝、霙まじりでした、あんぱんさまのお住まいの付近には、雪がありますか、いいですね。小学生の頃、大雪が、降って、雪だるま⛄を作って遊んだ、記憶が、懐かしです、雪の日は、ウキウキしますね。
2016/01/24(日) 13:41:19 | URL | edit
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
あんぱん