• RSS1.0
  • RSS
  • Admin
  •                                     四季折々の山と花の風景
2016/04/02 (土) 22:06:11

金勝山から花桃の郷と花山のアカヤシオ

R0000139_R.jpg 
桜が満開となり、里に咲く春の花を楽しみに出掛けた。今日は東武東上線は東武竹沢駅から歩いた。せっかくなので、金勝山に寄って官ノ倉山を目指すことにする。そこから尾根通しに臼入山まで行き、三群境を経て落合に下った。そして、花桃の郷へ入る前に虎山の千本桜に立ち寄る。花桃の郷から登谷山へ登り、釜伏山から花山を経て風のみち遊歩道を歩き、秩父線は波久礼駅へ出た。このコースを歩いて感じた事は思っていた以上に季節が進んでいることだった。午後になると霧雨が降り、肌寒い生憎の空模様だったが、雨具も使わずに過ごすことができ幸運だった。一番驚いたのは風布の花山でアカヤシオが満開に咲いていたことである。規模は小さいが、一瞬目を疑ってしまう程であった。いずれにしても日々の通勤だけでは味わえない季節感を感じることが出来た一日だった。









R0000004_R.jpg 
東武竹沢駅を降り立ったのはザックを背負った家族3名組と私だけだ。

その家族は七峰縦走ハイキングコースの示す官ノ倉山へ向かい

私は満開に咲く桜並木を見ながら線路脇を北へ歩く。









R0000011_R.jpg 
金勝山は東登山口から登り、JRの竹沢駅へ下る予定で入った。

ここは山全体が公園のような感じで整備されている。

小川げんきプラザという施設もあり、遊歩道がやたらと多く、入り組んでいる感じだ。









R0000012_R_201604030512076f0.jpg 
そして、金勝山の山頂にはヤマツツジが咲きはじめていた。









R0000019_R_201604030512079c4.jpg 
金勝山には前金勝山という山名もあり、そこからも小川の街並みが眺められる。

下山は予定通りJR竹沢駅に向かって下るが、この道は途中で通行止めとなっていた。

近くをウロウロしてみたが、ここは強固突破して最短コースで下る。

踏み跡の薄い竹林を下り、駅の裏手に出た。









R0000038_R.jpg 
JRの竹沢駅から細い山道を登り、住宅街をすり抜けてハイキングコースに合流する。

あとは順路に従って官ノ倉山を目指す。

静かな山間の集落には至る所で桜が満開に咲き、春の風景に出合う。

前から散歩の方がこちらに歩いて来た。

すると突然、「カメラ持ってますか?」と尋ねられた。

お話しを伺えば、この先の池に映った桜がとても綺麗だから、撮って下さい。

ということで、この先の撮影ポイントを教えて頂く。









R0000057_R.jpg 
こちらがそのお勧めの場所で撮った一枚。










R0000070_R_20160403051242337.jpg 
一汗かいて官ノ倉山へ登り、その足で

尾根通しに不動沢ノ頭、鳥森山、そして天ノ峰へと歩く。









R0000072_R.jpg 
ここの尾根上からは展望が得らなかったが、臼入山では愛宕山、皇鈴山、登谷山が眺められる。









R0000084_R_20160403051250e39.jpg 
真新しい道標が設置されていた内容によれば

「三群境を経て落合(坂本)へ」という事で

しばらく尾根を下った。

すると、降り立った場所が坂本山王神社で、花桃の郷へ最も近いところに下った。









R0000090_R_20160403051248447.jpg 
いったん、車道へ出て花桃の郷へ歩き出す。

途中にある虎山の千本桜はまだまだ若木であり、花もそれほど咲いていなかった。

場所的には山を切り崩した採石場跡地の様子だった。









R0000117_R.jpg 
そして、一昨年ぶりに訪れた大内沢の花桃の郷へやっと到着する。

時間を確認すれば11時30分で、予定よりも30分遅かった。









R0000119_R_20160403051318f6e.jpg 
先週は花まつりだったらしいが、今日もよく咲いている。

集落全体が春の花に包まれている感じだ。









R0000129_R_20160403051325196.jpg 
お決まりの展望台へ行き、先を急いだ。









R0000139_R.jpg 
すっきりしない天気だったが、花見客は車7~8台分と言ったところだろうか。

それに山からハイカーが6~7人下って来た。









R0000144_R_20160403051328e33.jpg 
そろそろ昼食をする場所探しをしなければ、と思いながら登谷山へ向かう。

臼入山でパンを一つ食べただけで、そろそろ食べなければいけないタイミングだ。

力も入らず、足も重くなってきた。

食べ損ねてしまうと、そんな症状になってしまう。









R0000147_R.jpg

我慢に我慢を重ね、やっと登谷山山頂へ着いたのだが、風も強く、諦めて次の食事場所探しがはじまった。

フラフラ歩いて、結局、釜伏神社前の東屋で念願の昼食にありつく。









R0000166_R_20160403051401a5f.jpg 
釜伏神社から奥社が祀られている釜伏山へ









R0000168_R_201604030514022f2.jpg 
その尾根を下れば何やら満開らしい様子が目に飛び込んでくる。









R0000173_R_2016040305140716c.jpg 
まさかと思ったが、目を凝らして見ればアカヤシオだった。









R0000183_R_20160403051411c94.jpg 
意外な花に出会ったことで、季節感がどこかへ飛んでしまったような錯覚をする。

例年であればGW前後に咲くと認識していたのだが、ここはそれが通用しないようだ。









R0000190_R.jpg 
眼下には山の斜面に暮らす風布の山村風景が広がっていた。









R0000199_R_2016040305143723b.jpg 
アカヤシオを眺めながら尾根を下り、林道へ出る。









R0000223_R.jpg 
長い林道歩きが続くのかと思っていたが、「風のみち」という遊歩道を発見する。

それはそれは、沢沿いに整備された道で良かった。

駅までが長いので助かったという感じだ。









R0000224_R.jpg 
山の桜は咲いていなかったが、市街地での桜は満開となり

春爛漫という印象を受けた。









R0000226_R.jpg 
花が咲き、若葉が芽吹き、季節は確実に進んでいる。









R0000237_R.jpg 
今日はちょっぴり長い行程だったが、これで体力のない事が良く判った。

身体も年齢的にガタがきているのだが、このコースは足もガタガタだった。

春の花にたくさん出会えた低山ハイキング

心が和む日だった。


スポンサーサイト
Trackback(-) comment (2) | 花さんぽ
comment
花桃の郷
HIDEJI #r3QP6kNc
あんぱんさん、こんばんは。
ご無沙汰しております。
いつも拝見しておりますが、花桃の郷、いいですね。山が賑やかで拝見していると落ち着かなくなります(^_^;)
さすが面白そうなコース取りで後追いしたくなります。それにしてもアカヤシオが満開を迎えているとは驚きです。これから花の季節、うかうかしていられないです(^ ^)
2016/04/04(月) 22:55:25 | URL | edit
HIDEJIさんへ
あんぱん #-
おはようございます、HIDEJIさん。
コメントありがとうございます。花桃の郷へはこれで2回目ですが、以前はバスで行きました。ここは車道歩きが長いので山歩きと言う感覚では50%程度だと思います。それにしても花がたくさん咲いていて、生憎の天気だった割には色とりどりの春がありました。
2016/04/05(火) 05:11:20 | URL | edit
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
あんぱん