• RSS1.0
  • RSS
  • Admin
  •                                     <四季折々の山と花の風景>
2016/10/29 (土) 21:11:51

静寂で重厚な深秋の西上州@大山・倉門山・天丸山・宗四郎山

R0000112_R_20161029205239978.jpg 
天気の良い時に西上州は大山と天丸山と帳付山の岩峰へもう一度訪れたいと思っていた。それは数年前にここを歩いた時には天気が悪く、終始ガスっていて何も見えず仕舞いだったからだ。でも、今回は帳付山からの眺めは諦めて倉門山から宗四郎山までの、県境尾根を歩いてみようと思う。秋も深まり、山の紅葉もだいぶ下がってきた。両神山の山頂から眺めた県境尾根の紅葉を思い出し、訪れてみることにする。
    ≫ read more
Trackback(-) comment (0) | 山さんぽ
2016/10/22 (土) 22:57:22

赤沢スキー場から赤沢峠・稲包山・三国峠・旧三国街道・法師温泉の紅葉狩り

 R0000073_R_201610230505072b3.jpg

今週末は久しぶりに季節を感じながら歩いた。秋になっても秋を感じられずにいたが、紅葉した山肌を目の前にしてやっと季節を実感したというのが正直なところだった。結婚式とか自冶会の行事とかで、何かと用事が立て込んでしまい、山へ行く時間がなかった。そんな事で、今回は紅葉狩りを目的に稲包山へ出掛けてみることにする。出来れば静かなコースをと、地図を眺めて決めたのが今回の周回コースだった。巡視路を利用する手もあったが、短時間で山頂へ着いてしまう為、これはエスケープルートとし、赤沢スキー場をカーナビにセットして車を走らせた。
    ≫ read more
Trackback(-) comment (4) | 山さんぽ
2016/10/10 (月) 22:54:12

秩父巡礼古道の変態歩き@破風山・菊水寺・八人峠・小鹿坂峠・音楽寺

R0000015_R_20161011045844016.jpg 
一昨日は町内会の運動会の準備をして、昨日はその運動会に役員として参加し、やっと解放された三連休の最終日、再び低山歩きと巡礼古道の一部をなぞってみた。出発は秩父鉄道の皆野駅で、そこから破風山へ登り、札立峠から33番の菊水寺までの遍路道をたどり、その先は八人峠から小鹿坂峠へ抜けて、音楽寺から西武秩父駅までとした。
    ≫ read more
Trackback(-) comment (2) | 山さんぽ
2016/10/02 (日) 22:17:53

ロングウォークちちぶ路

R0000006_R_20161003050559c6e.jpg 
今週は「ロングウォークちちぶ路」というイベントへ参加してしまった。あまりこの種の催し物には興味がなかったのだが、参加賞と当日でも事前予約が必要なく、無料で参加できるという事だったので行ってみることにする。もう少し天気が良ければ西上州の山でもと考えていたのだが、急きょ寄居駅で秩父線へ乗り換えて長瀞駅へと向かった。
    ≫ read more
Trackback(-) comment (0) | 山さんぽ
2016/09/19 (月) 18:34:45

秋霖

IMGP0062_R_20160919182654a38.jpg 
この天気では山は諦め、暇つぶしに里の風景を眺めながらブラブラ歩くことにした。小雨が降る中、稲刈りが始まった田んぼを眺め、廃校となってしまった小さな小さな下里分校に立ち寄り、嵐山渓谷を歩いて笛吹峠から物見山と岩殿観音へと考えていたが、途中で道に迷ってしまい畦道を気の向くまま、足の向くまま、のんびりと傘を差ながら歩く。
    ≫ read more
Trackback(-) comment (0) | 街角さんぽ
2016/09/17 (土) 20:55:33

奥秩父は白沢峠の廃トラックと倉掛山と伝通院を

IMGP0028_R_2016091720454483c.jpg 
白沢峠に廃棄されたトラックは米国製のダッジWC54という車らしい。戦後、進駐軍の軍用車が民間に払下げされ、後に放棄されたのだという。いずれにしても、この廃トラックの存在を思い出して再訪してみた。相変らず今週も天気は安定せず、考えていたコースを早々に諦めショートカットしてしまった。
    ≫ read more
Trackback(-) comment (0) | 山さんぽ
2016/09/10 (土) 22:01:09

池塘と青空と色付き始めた草紅葉の苗場山へ

IMGP0077_R_201609102153172a5.jpg 
久しぶりに大きな山へ行きたくなった。ここのところ近場の山ばかりを歩いていたのだが、やはりちょっと物足りない感じがしていて、毎回とはいかなくても時々山頂から眺めたい風景を思い描き、初秋の苗場山を訪れることにした。数年前の山頂に広がる神秘的な池塘の景色を思い出し、青空と色付き始めた草紅葉を狙って再訪したしだいである。
    ≫ read more
Trackback(-) comment (0) | 山さんぽ
2016/09/05 (月) 22:45:09

秋を拾いながらまだまだ残暑が厳しい里山歩き@桂木観音・鼻曲山・ユガテ・日和田山・巾着田

IMGP0055_R.jpg

 今週は会社の創立記念日と土日で三連休となったが、家庭菜園と庭の清掃で一日つぶれ、日曜日は買い物で、月曜の平日に里山を歩いてみた。場所はいつもの奥武蔵で、今回は久しぶりに巾着田を訪れてみることにする。曼珠沙華の花の咲く頃になると観光客で賑わうので、花の咲く時季を外して入場料が必要ない時に立ち寄ってみることにする。
    ≫ read more
Trackback(-) comment (0) | 花さんぽ
2016/08/28 (日) 22:08:16

秋されて

IMGP0009_R_201608290510228f3.jpg 
日曜日の午後には時間が出来たので都幾川の秋海棠を訪ねてみた。既に見頃は過ぎてしまっていた様子で、訪れる観光客もチラホラだ。秋海棠を見ると夏が終わって、移りゆく季節を感じる。
    ≫ read more
Trackback(-) comment (0) | 日記
2016/08/21 (日) 23:48:11

樹齢200年を超える天目背稜のぶな林

R0000022_R_2016082404505834d.jpg 
豪雨だった昨日はまったく山へ行く事は考えていなかった。深夜までオリンピック中継に見入ってしまい、テレビの前に座っていた。出掛けるのはせいぜい買い物程度だった。ところが、今朝は青空が広がり、秋を感じさせるような雲の形を見上げ、急きょ準備を始める。寝不足でいささか身体が重く感じられていたが、来週は町内の行事で出掛ける事も出来ないので、いつもの東日原へ出掛けたしだいである。出だしが遅くなってしまったが、頭の中では七跳山と大平山あたりを思い描いていた。しかし、天目山の山頂に到着してみれば、何だか雲行きが怪しくなってしまい、天目背稜のブナ林を歩く事にした。
    ≫ read more
Trackback(-) comment (0) | 山さんぽ
2016/08/11 (木) 22:39:30

暑かったけど静かだった堂平山から丸山・県民の森

IMGP0108_R.jpg 
今日からまた夏休みが始まったのはいいのだが、車の渋滞を考えると遠出もできないだろうという事で、また奥武蔵の山を歩くことになってしまった。そこで、丸山県民の森に咲く、レンゲショウマを当てにして出掛ける。連日の猛暑で低山は敬遠したいところだが、家でゴロゴロしていてもしょうがないので、三脚とカメラをザックにつめて出掛けたしだいである。
    ≫ read more
Trackback(-) comment (0) | 花さんぽ
2016/08/06 (土) 18:20:39

35度を超える猛暑には参ってしまった奥武蔵@宿谷の滝とスカリ山と鎌北湖

IMGP0047_R_20160806180927888.jpg 
早いもので、明日は立秋だという。そう言えば日が暮れると幾分秋めいてきたような涼しさを感じる。そこで、秋海棠が咲きはじめたということで近くの奥武蔵へ出掛けてみた。コースは東武越生線の武州長瀬駅から宿谷の滝を目指し、途中、蓮が咲いているというプール跡地の花蓮広場へ立ち寄ってみることにする。その後はヤセオネ峠へ上がって五常ノ滝まで下がり、ユガテまで再び上がって、一本杉、鼻曲山、桂木観音を経由して下山しようと考えていた。しかし、どうだろうか、真夏の奥武蔵は…。もう、汗が噴き出るというか、食欲も歩く気力も無くなってしまい、スカリ山から鎌北湖へ下り、結局は出発したところまで再び戻って帰宅した。休んでいても汗が止まらないという状況にタオルもビショビショ、パンツもビショビショ、それに舗装道路からの照り返しが強烈で、終始我慢の連続だった。それでも、まだ咲き残っていた蓮の花にも出会えたり、おまけにイワタバコにも出会えたりして熱中症にもならず楽しむことが出来た。明日は地元のお祭りで、朝から参加しなければならないので、また水分補給を小まめにとるつもりだ。今夜は冷たいものでも飲んで、早目に疲れをとりたい。
    ≫ read more
Trackback(-) comment (2) | 花さんぽ
2016/07/30 (土) 18:14:55

夏休み後半は二白三日で浄土山・雄山・大汝山の立山へ

IMGP0039_R_201607301807545d7.jpg  
今年の夏休みの後半は山友に誘われて二泊三日で立山へ行く事にした。それも温泉付の山小屋で雲上の避暑地を楽しもうというものだ。一日目は扇沢から黒部ダムを経由して室堂へ入り、二日目にして雄山を目的に山を歩き、三日目はそそくさと下山して帰るという計画である。天気が良ければ北アルプスの山々が一望できるという期待を胸に出掛けたが、連日ガスガスで晴れたのは二日目の朝の2~3時間だけだった。室堂は夏休みの子供達がとても多く、登山道でスライドする可愛い姿が印象的だった。それに、子供たちの命を守るという先生の真剣な眼差しには頭が下がる思いだ。毎年、夏休みには雷鳥沢のテント場を利用してアウトドアを楽しんでいるという親子に出会ったり、ここには剱岳を狙う登山者から雄山を目指す小学生達の立山があった。
    ≫ read more
Trackback(-) comment (0) | 山さんぽ
2016/07/26 (火) 20:50:39

夏休みは雨の棒ノ峰で岩煙草と大葉擬宝珠と狐の剃刀

IMGP0014_R_201607262041303d9.jpg 
今日の収穫はイワタバコ(岩煙草)とオオバギボウシ(大葉擬宝珠)とキツネノカミソリ(狐の剃刀)だった。タマガワホトトギス(玉川杜鵑草)も咲いていたが、花はどれもこれも風にゆらりゆらりと揺れ、思う様に撮れない。それに、お昼頃から雨が本格的に降り出し、パンツもビショビショで歩くのに違和感があったり、9連休の夏休みだというのに天気と都合が合わず散々である。愚痴を言ってもしょうがないが、考えていた山も全てご破算となり、せっかくの夏休みも家で過ごす結果となってしまう。しかし、ここ数日は涼しい日々が続き、平日の山歩きがこれほど静かなものかと実感した。もう直ぐ梅雨明けをするかもしれないので、夏休みの後半は猛暑日が続く事を覚悟しなければならないだろう。
    ≫ read more
Trackback(-) comment (0) | 花さんぽ
2016/07/23 (土) 22:35:12

尾瀬笠ヶ岳に咲く夏の花

IMGP0113_R.jpg 
まだ梅雨明けされていない関東地方だけに、すっきりしない天気が続いている。そして、山歩きは天気が悪いと気分も乗らないし、テンションが下がりぱなしだ。しかし、花が少しでも咲いていればいいだろうということで、尾瀬の笠ヶ岳へ出掛ける事にした。
    ≫ read more
Trackback(-) comment (2) | 花さんぽ
2016/07/17 (日) 22:07:39

ぶらりぶらりと御岳渓谷から大塚山から日の出山北尾根

IMGP0027_R.jpg 
まだ梅雨明けしていない三連休は生憎の天気だった。しかし、普段できない家の事が出来てよかった。そんな事で、今週も身近な場所で花を探しながらぶらぶら歩くことにした。車は寒山寺駐車場へ置き、そこから多摩川の上流へ向かう事にする。まずは御岳渓谷遊歩道を進みながら目的地を考えた。この辺りの山頂はガスっているのでこのまま鳩ノ巣渓谷へ、そして奥多摩のむかし道へと進んでみようとかと思った。しかし、途中の苦手な車道歩きに耐えられず丹三郎から御岳山へ逃げ込んでしまう。御岳山を含め、奥多摩の山々は終始ガスっていたので、山頂の観光客は少なく、さらに涼しくて正解だったようだ。そして、ヤマユリやレンゲショウマにも出会えた休日となる。
    ≫ read more
Trackback(-) comment (0) | 花さんぽ
2016/07/09 (土) 21:13:11

久しぶりに汗をかいた武甲山・小持山・大持山・ウノタワ・妻坂峠

IMGP0084_R_20160711211740cae.jpg 
山へ行きたいが行き先が決まらない場合には、いつもこの山になってしまう。最近、山らしい山は歩いていなかった為、ここで少し負荷を掛けておきたかった。なので、やや大きめのザックを背負い、水と撮影機材と食材を余分に詰め込んで体力トレーニングのつもりで出掛けた。
    ≫ read more
Trackback(-) comment (0) | 山さんぽ
2016/07/02 (土) 23:24:18

蓑山に咲く紫陽花と寺坂棚田のホタルかがり火まつり

IMGP0160_R_20160703043533f45.jpg 
今週末は山歩きよりも寺坂棚田のホタルかがり火まつりを目的に出掛けた。そのイベントは夕暮れ時に開催されるので、それまでどこかで時間調整しなければならず、少々悩んだ。何しろ初めて訪れる催しなので、どんな状況なのか勝手が分からない。山は紫陽花がまだ見頃だろう思われる蓑山にした。もう少し、山らしい山でもと考えてみたが、重い三脚と交換レンズを背負っての歩荷はいささか難があるので、里山に咲く花を楽しみながら夜を待つ事にした。しかし、電車を利用して出掛けたので次は帰宅時間が問題となった。真っ暗になるのに、この季節では7時半過ぎであろうと、前日に時間を確認した。本来なら人も少なくなって、暗闇の中に浮かび上がるかがり火の風景を撮るには車で移動することが必要だった。それでも、最寄の駅から無料のシャトルバスが出るということと、翌日は日曜日なので時間ギリギリまで粘ってみることにした。それに、今回は駐車場の問題もあるので、来年の為の様子見として立ち寄る。
    ≫ read more
Trackback(-) comment (0) | 花さんぽ
2016/06/26 (日) 19:25:51

白糸の滝・雄滝・ネジレの滝・大滝・三つ釜の滝

IMGP0064_R.jpg 
この季節になると苔のある場所へ行きたくなる。梅雨時は気温も湿度も高く、自然と涼を求めたくなってしまうものだ。そんな事で、小菅村から大菩薩峠へ向かう途中の白糸の滝と雄滝、それに奥多摩の海沢三滝を訪ねてみた。大菩薩周辺を歩くつもりで出掛けたが、滝を見ているうちに歩く意欲がなくなってしまい、滝めぐりに興じてしまったという訳である。
    ≫ read more
Trackback(-) comment (0) | 山さんぽ
2016/06/18 (土) 22:27:48

二口から保久礼を回って大岳と青雲岳とヒメサユリ咲く守門岳へ

R0000001_R_20160619053553734.jpg 
季節の移ろいは早いものでヒメサユリの咲く頃になってしまった。この日は埼玉県の鳩山町では35.2度、群馬県の館林市では35.1度の今年初めての猛暑日になったという。ヒメサユリは2~3年前の鬼ヶ面山から浅草岳への尾根にたくさん咲いていたことを思い出す。ということで、今日は残雪を見ることができる新潟の山へヒメサユリを目的に出掛けてみた。守門岳へは紅葉時季と東洋一の雪庇見物を目的に早春の頃に訪れていたが、ヒメサユリの咲く季節に訪れるのははじめてだった。ここには、大岳、青雲岳、袴岳と三つの峰があり、最高峰は袴岳で、主としてこれを守門岳と呼ぶらしい。
    ≫ read more
Trackback(-) comment (2) | 花さんぽ
あんぱん